主任だより 話し合い②

前回のブログでは、さくら組の話し合いについての書きました。

今回のブログでは、実際に司会進行をした上での気付きや感想をまとめたいと思います。

さくら組で行われている話し合いを見学し、担任達の言動から学びを得たり、環境の改善点を見つけたりした後、実際に司会進行をしたいと担任に伝えました。

自分で司会進行をしてみることで、更なる気付きが得られると考えたためです。

そもそも何故、年長児の話し合いについて学ぼうとしているのか?保育士として興味がある、という理由もありますが、最大の目的は

「来年度以降も5歳児クラスで効果的な話し合いを行っていくために、話し合いの仕方を言語化する」というものです。

話し合いを行う人数、話し合いの題材などによって配慮事項の違いはあれど、話し合いを進行する基本ルールは必要です。

何故、基本ルールが必要なのかというと、話し合いの司会進行を務める人によってルールが違っては、子どもたちに戸惑いを生みますし、話し合いの質が安定しないためです。

 

前置きはここまでにして、本題に移りたいと思います。

話し合いをするに当たって、どのように話し合いをスタートさせるかをまず考えました。

いきなり、「12月の発表会(仮)の名前を考えてね」と振っても、子どもたちから意見は出るでしょうが、あまり考えずにぱっと思いついたものが出てくるパターンが予想できます。

しかし大事な名前ですから、しっかり考えて欲しいという気持ちがありました。そのためには、どうしてさくら組の子どもたちにも考えてほしいのか、その日はどんな日にしたいのか、大人側の気持ちも伝える必要があると思っていました。

5歳児でも伝わる分かりやすい問いかけ方は…その日をどんな日にしたいかという概念を5歳児にも分かってもらうには…。

 

そこで準備したのがこちらの絵カードです。

笑顔、泣き顔、怒り顔のカードです。一枚ずつ見せて、この顔のときどんな気持ち?と聞いてみました。

「にっこり笑顔!うれしいきもち」「たのしいきもち」

「泣いてる顔。悲しいきもち」「さびしいきもち」

「怒ってる顔。いやなきもち」「むかむかしてる」

と、絵カードの顔を無意識にマネしながら答える子どもたち。

 

たくさんの大人が来る日が12月にある。

その日は、子どもも大人もこのにっこり笑顔…楽しい、嬉しい気持ちになるような日にしたい。

 

と伝え、その日に各クラスで行われるだろうことを下記のような図で示しました。

 

これらの導入を終えた上で、「さて、この日に名前を付けたいんだけど…何か案はないかな」と尋ねました。

思い付きで言う子、考えてから言う子、手を挙げて話しながら考え出す子と様々。

「フェスティバル!」(これは元々さくら組で便宜的にフェスティバルと呼んでいたため)

「おとなが来るんだから、おとなって入れた方がいいよ」

「でも子どもも来るでしょ」

「みんなが来るんだよ」

「錦ケ丘でするんだから、錦ケ丘って入れた方がいい」

「楽しい気持ちになるから、楽しい感じがいい」

自分の考えたことをどうにか言葉にして伝えるので精いっぱい。混沌としていく場をどうにかまとめようと私も精いっぱい…。

「さくら組は、ハーバリウム飾ってカフェするんだよー」「だから名前も、さくらカフェ」と、段々話がさくら組がすることに偏ってきたところで、一旦大人が考えた名前も伝えました。

「絵を飾るから、キッズアート展はどうかな…。あとは、子どものこころ展という案も出ていたよ」

それを聞いて、キッズアートという英語の響きが気に入った子もいましたし、自分が出した名前の方が良いといった反応を見せる子もいました。

 

さて、ここまで来て場も少し停滞してきた雰囲気。ようやく私も落ち着いて周囲を見ることができました。

見回してみると、いつもなら元気よく自分の気持ちを言う子が何名か黙り込んで、考えている様子。

一方で、この議題への自分の提案を言い終えて、別のことへ集中が向いている子も…。

出来れば、考え込んでいる子の意見も聞きたいところですが、ペースは人それぞれ。今回はここまでにして、また来週話し合いをするから、どんな名前がいいか考えてきてくださいとしました。日曜日を挟むので、子ども達が忘れないように依頼書を壁へ張り出しました。

自分たちで読み上げながら、どんな名前がいいかなあと考える姿が見られました。

 

第一回目の話し合いを終えて、「話すのが早くてよく分からなかった」という気持ちを伝える子もいました。これは、良い気付きを教えて貰ったと心底思いました。

混沌とし、答えが出る雰囲気のない話し合いに私自身が焦ってしまっていたのでしょう。

この日まで、話し合いとは答えが必ず出るものであると私は思っていました。

しかし、ちょうどその時勉強として読んでいた本の中にあった話し合いについての記述を読んで、その考え方が変わりました。

子どもの話し合いは、答えが出ることが大切なのではなく、話し合いの議題を子どもが意識するようになることが大切である。という考え方です。

 

依頼書も貼ってあるのだから、来週の話し合いまで子どもたちには意識してもらおう。と心に決め、それまで時折「何か考え付いた?」「依頼書、読めた?」と声をかけるだけに留めました。

それから、来週は、皆が分かるようにゆっくりと丁寧に話すよう意識しよう…とシュミレーション。

担任にも、話し合いの振り返りとして、コツを聞いたり一人ひとりを話し合いに巻き込むための対応について聞いたりとしました。

 

また、話し合いをしてみたことで、自分の考えを論理的に話す力を育てるためにはどんな遊びがあるか考えるきっかけが生まれました。

前回のブログで触れた”イエナプラン教育”を行っているオランダでは、どのように育てているのだろう。

調べることで知った遊びを、実際にさくら組で行うこともできました。

 

今回のブログも随分と長くなってしまいました…。ひとまず、今回はここまで。

次回、論理的に話す力を育てる遊びと第二回目の話し合いについて、お伝えします。

フェスに向けて

保育料無償化の説明会やコドモンのお知らせにて、お伝えしていた通り12月14日(土)に発表会改め

「にしきがおかのこころ ~皆で楽しむ冬のフェスティバル~」を行います。

子どもたちと考えた、思いがたっぷりこもった名前です。名前が決まった経緯についてはまた主任だよりにて…。

 

さて、本番に向けて先日は予行練習を行いました。

 

今まで行ってきた予行練習は、劇があって合奏があって…と形が決まっており、去年のやり方を参考に組み立てていました。

しかし、今年は全てを参考に…とはいきません。

今年は、子どもたち一人ひとりの「表現」を大切にする。当日の結果だけではなく、当日に至るまでの子どもたちが感じたり、考えたり…としている中で生まれる、いきいきとした姿(このイキイキというのは、元気で明るいという意味ではありません)をお届けする。というテーマで、取り組んでいます。

そのため、舞台発表だけではなく、積み木を積み上げるのが大好きで、得意な子は積み木を展示したり…日々の保育の中で、毎日ささやかに行われている表現と共に生み出された絵や造形作品などを、保育士の解説付きで展示したり…とする予定です。このように子どもひとりひとりの「選択」や「表現」を大切にした結果、子どもによっては、舞台発表はせずに自分の得意な表現を見せたいと選択した子もいます。

 

今までとは異なる形になりますから、予行練習もどのように行うか。まずそこから、係と主任とで話し合いでした。

初めてのことなので、簡単には想像がつきません。

展示を見て頂くことも考えると、当日は大変込み合うでしょう。綿密なタイムスケジュール、順路の確保等必要になってきます。

前例のない形に挑戦するのは試行錯誤の毎日ですが、子ども達一人ひとり、そして保護者の皆様一人ひとり、満足していただけるフェスにする為に、話し合いを繰り返しています。

 

そのような中で行われる第一回目の予行練習は、まずプレゼン発表&ステージタイムの日としました。

ステージタイムは、我こそは舞台で自分のダンスを!歌を!作ったお洋服を!ヒーローになりきった姿を見てもらいたい!という子ども達が集まり、舞台で発表する時間です。そのため、異年齢混合のグループになりました。

プレゼン発表は、各クラスの担任から当日に至るまでの過程を保護者の皆様に説明させて頂く予定です。

 

 

こういった練習での観客は同じ子ども同士。

しかし本番は、たくさんの大人が観客。例え、普段から好んでおり自分で選んだ遊びの発表だとしても、緊張してしまうことと思います。

当日の様子だけではなく、子ども一人一人の当日に至るまでの姿を想像しながら見て頂けると嬉しいです。

 

ステージに出ることを選ばなかった子どもも…積み木の職人!?それとも、積み木のプロ…?と言いたくなるほど、自分の心に思い描いている世界を表現しています。いきいきと表現するその姿を、来ていただいた皆様にお伝えしたいと職員一同試行錯誤中です!

年長児は、ステージではなくカフェ&ギャラリーをする予定。何故あえて、カフェ&ギャラリーなのか…担任が書いているブログをぜひご覧いただけたらと思います。

本日のメニュー☆11/15

今日のメニューは“カレーバイキング(豚カツ、魚フライ、温野菜)”“フルーツポンチ”でした。今日はカレーとトッピングを作り、子供たちにバイキング形式で提供しました。さつまいも、じゃがいも、ブロッコリー、カリフラワー等の旬の野菜も一緒に出しました。

フルーツポンチも自由に取ってもらって、今日は本当にたくさん食べていました!

いつも魚のフライが給食に出た時、たくさんおかわりをしていますが、今日は豚カツもあり、選べたので豚カツがどんどん売れていきました😂魚のフライも一生懸命揚げたので、食べてもらわないと!!と給食チームで話し合い、魚のフライ限定で手作り豆乳マヨネーズのタルタルソースを作り、出しました。そうすると子供たちもよく食べてくれて、豚カツ程ではなかったですがおかわりをしていました。

フルーツポンチが給食で出たのも久しぶりで、嬉しそうにおかわりをしていました😊保育料無償化により、白ご飯も提供していますが、そのおかげもありご飯を本当によく食べています。暖かい釜に入った炊きたてのご飯を嬉しそうに食べている様子をみて、良かったなと感じています。最初の頃はご飯を入れすぎたり、食べきれなかったりと、自分が食べられる量が把握できていない様子でしたが、最近は自分食べられる量を上手によそって食べています。日々の給食からも子供たちの成長が見られ、嬉しいです😊

 

Read More

うめ組 友達の存在 

様々な遊びを保育園で楽しんでいるうめ組ですが、最近は自分とは違う存在(友達)に気づき、興味を持ち始め、少しずつ友達を意識したり、誰かと一緒に何かをしようとする姿が見られるようになりました。

先日の戸外遊び中、三輪車をこぎながら木の周りを回っているAちゃん。それを見ていたBちゃんが同じような三輪車を持ってきて一緒に回り始めました。

この遊びの中で、よく大人がイメージする「一緒にしよう」「一緒に遊ぼう」などという言葉はありません。同じクラスの友達、よく知っている友達という様子で吸い寄せられるようにあそびが始まります。

この子はうめ組の友達、このこどんな遊びをしてるんだろう…と興味を持ち、友達の様子を眺めたり、「なにしてるの」と声をかけたりします。

友達の物が素敵に見えて、友達のしていることが楽しそうに見える今の時期、自分と他人の区別がつくようになり、これは自分のもの、これは大事と、意思表示をする中で、トラブルになることも少なくありません。

「これ〇〇が使ってたのにー‼︎」

「これ大事だったのにー‼︎」

友達とのぶつかり合いはその子が大好きだからこそ、あの子が使ってるものがいい!!、あの子みたいにしてみたい!!という思いがあるからこその姿だと思い、保育士は怪我のない範囲で見守っています。

 

うめ組の帽子を見つけると自然に集まってくる今の光景は4月当初だと見られなかった光景です。

私はわたし。

うめ組の友達。

みんながいると楽しいことがある。

先生がいれば安心。

いろいろな思いを抱きながら友達の存在に気づき、関わろうとする姿はとても微笑ましい姿です。

 

 

明日はどんな姿がみられるでしょうか…。

 

 

 

本日のメニュー☆11/12

今日のメニューは“鶏肉のオレンジ焼き”“人参とじゃがいもの塩昆布和え”“しめじの味噌汁”でした。鶏肉のオレンジ焼きは保育園でも人気のメニューのひとつです。照り焼きのようにタレに漬けておくのですが、普段はきび糖を入れるところを、ママレードジャムで甘さを出します。ママレードにすることで、甘さと柑橘系のさわやかな香りがプラスされるので、鶏肉の臭みも気にならなく、美味しくできます✨

今日はサラダも人気でした!じゃがいもと人参を蒸して、塩昆布、ツナ、ごま油で和えるというシンプルなメニューでした。ツナが入っていることで子どもたちも食べやすかったのか、良く食べていました😊

 

本日のメニュー☆11/11

今日のメニューは“ししゃもの塩焼き”“フジッリサラダ”“車麩のみそ汁”でした。

手作りの豆乳マヨネーズにも慣れて、子どもたちも食べてくれるようになりました!今日のフジッリサラダにもきゅうりやキャベツ、レタスなどたくさんの野菜が入っていましたが、おかわりもしていました。ししゃもも、頭まできれいに食べていてほとんど残食がなかったです✨

本日のメニュー☆11/8

今日のメニューは“豚肉の香り焼き”“キャベツと高きびの味噌炒め”“きのこスープ”でした。

高きびは色がダークレッド、形状がお米くらいの球形の雑穀です。炊き上がりはふっくらした赤茶色になり、キュッキュッとした歯ごたえと弾力があり、見た目がひき肉みたいなので、ミートミレットとも呼ばれています。

高きびはイネ科の一年草で、根を強く張ります。背丈は高いもので4メートル以上になるものもあり、穂のつく位置が軽く2メートルを超えるため収穫は手作業です😅乾燥、高温に強く、水はけの良い暖かい気候を好むため、札幌あたりが北限となります。

高きびには、ビタミンB1やナイアシンが多く含まれ、糖質や脂肪の代謝を助けてくれます。とくにナイアシンには胃腸管の働きを正常に保ち、皮膚を健康にする働きがあるので、アレルギーの改善にも効果があります。

鍋に入れてお米と同じように炊きました。ふっくら柔らかく炊き上がり見た目はひき肉のようでした。

このように見た目がひき肉に似ているので、メンチカツや、麻婆豆腐などにひき肉の代わりに使うことができます。インターネットにもレシピがたくさん出ていたので、気になる方は是非ご覧ください!

今日のおやつは、“抹茶浮島”でした。「浮島」とは、情景描写をした和菓子の一つで、さおがし(柱のように長い形、円柱の形をした和菓子)、蒸菓子のひとつです。餡子が主材料で、卵や薄力粉も入るのでスポンジケーキのようにふわっとしていますが、餡子が入っているのでしっとりとした食感がつよいです。

作るときに蒸して膨らんだ様子が、水面にぽっかりと浮かぶ島のように見えることから浮島という名前が付けられました。

ずっしりして、しぶいお菓子でしたが意外にも子どもたちにとても人気で、特にきく組さんがたくさんおかわりをしていきました😊✨

さくら組 粘土が足りな〜い!!

11月1日のさくらカフェで、

自分たちで作ったコップでお茶を飲んでもらい嬉しかった子どもたち。

次回のフェスティバルで行うカフェでは、

コップ以外の食器も自分たちで手作りしたいという声があがり、早速食器づくりに取り組んでいます。

 

オリジナル食器で食べて欲しい!!

 

目標がはっきりしていることもあり、子どもたちの製作意欲は留まることなく、むしろ加速しているように感じます。

 

11月1日のさくらカフェの後は、なんと2日間で20キロの粘土の塊を使い切ってしまいました!!!

 

下の写真は水曜日1日で作った分です。棚に収めきれず別の場所でも乾燥中です。

 

◉使えなくなった粘土を復活させよう!

このペースでは、準備した粘土だけでは足りないかもしれない…そんな気持ちに保育士がなってしまうほどあっという間に粘土が作品へと生まれ変わっていきました。

 

そこで、ついに自分たちでの粘土づくりを開始!

これまでの作品で、焼く前に割れてしまったものなどを捨てずに乾燥させていたものを、砕いて砕いて砕き続けました!

根気よく砕き続けると、次第にサラサラの砂のような状態になります。これに、水を含ませると届いた時と同じような粘土に生まれ変わるのです!

粒が出来るだけ細かく、そして均一になるようふるいにかける作業も黙々としていました。

 

木槌や硬い石で砕き続けた女の子3人は、頭から粉を被り、身体中粉だらけになりながらも『まだ続ける!やめない!』

と、熱中しそして責任をもって真剣に砕いており、その姿が印象的でした。

 

焼き物の粘土として使う予定ですが、『泥団子の表面にこの砂をかけたいなぁ』という子もいました。子どもたちにとっては、いつも触れるものと感触が違う砂や土で遊んでいる感覚だったのかもしれません♪

 

 

 

 

 

 

 

◉作りたい食器(作品)を作りたい方法で

 

オリジナル食器として、おにぎりを置く平らなお皿、お味噌汁を入れるお碗を作ることになりました。

たたら板でスライスした厚さが均等な薄い粘土を、ラップを挟んだ型に合わせて、だいたいの形や大きさを型取る方法を選ぶ子、

丸い粘土の塊を、指で押して中央部分の穴を広げ、そして食器の側面となる部分の厚さを揃えたり、掻きベラでいらない粘土を削ったりする方法を選ぶ子、

同じ食器でも、イメージする食器を作りやすい方法をそれぞれが選択して作っていました。

 

『もっともっと作りたい!』と、大小さまざまな食器やコップ、かわいい猫の人形を休むことなく作る子、

 

本物のお碗を見て、高台を作る子。

「お碗に、こんな輪っか(高台)があるのはなぜだろう?」

『熱いお汁を飲むときでも、ここにゆびを当ててたら熱くないからかなぁ〜』

と、使う人の立場を考えながら、食器の様々な特徴についても注目するようになっていきました。

『フタをつけたい!お弁当箱みたいにもなるよ♪』と、たたら板を定規がわりにして、板状粘土をまっすぐ切り取り、角型のお皿を作る子。

お皿以外にも、カフェ空間を飾る壁掛けを作る子も現れました。

 

 

このように無我夢中で作っている子どもたち。

始めてばかりの頃、1ヶ月弱かけて20キロ使い切っていたのが、

2日で20キロ使い切るようになったのも納得です。

 

同時に、粘土の感触にも慣れ安心して素材に向き合い、自分のイメージを形にできる経験を重ね自信をつけたりしているように感じます。

保育士としては、

一つ一つの作品が大きくなっていること、

こちらが作ったお手本に囚われるのではなく、参考にしながらも伸び伸びと自分の作り方で作れる姿に

子どもたちの大きな成長を感じました。

 

まだ完成した作品も少なく、作りたいもののイメージが湧かない頃は、友達と同じものを作ることが多かった子もいました。しかし、『今日はこれを作りたい!先生!薄い(板状)粘土をちょうだい!!』と、自分で思いを伝えてくれるようになってきました。

たくさんの作品が生まれると同時に、子どもたちの気持ちの変化が嬉しい今日この頃です。12月のカフェで、自分たちの食器を利用してもらえる経験も、きっと子どもたちにとって格別なものとなると思います。

 

本日のメニュー☆11/7

今日のメニューは“さんまの竜田焼き”“もやしとニラのなめたけ和え”“白菜の味噌汁”でした。今日のさんまは骨もられ、開いた状態できました。いつもの切り身よりも細長く子どもたちにもそのままの大きさで食べさせたいなと思ったので、お皿から少し出るくらいの長さでしたが、そのまま出してみました!きく組さんが驚いていましたが、いつもより大きくてとても嬉しそうでした😊

今月、さんまの炭火焼の日が設けられているのでその時にまたそのままの状態のさんまを見てもらえたらなと思っています。皮がついていましたが、皮まできれいに食べていました。また、おかわりもたくさんきて旬のさんまをたくさん味わってもらえたので良かったです✨

 

 

ゆりぐみ~童具~

 

先日ゆり組全員でリズム室に行き、童具をしました。

ねらい

・自由に表現する事を楽しむ。

・写真からイメージを膨らまし、様々な形で自分なりの表現を楽しむ。

お部屋では直方体を使って遊ぶ事が多いのですが今回は立方体・三角・半円など様々な形を用意。扉越しにリズム室の中を覗き、「なにかある!」「つみきだよあれ」と目をキラキラ輝かせていた子ども達。それぞれ自分の好きな場所に行き早速作り始めていました!

立方体のコーナーでは綺麗に積み上げたり、直線に並べたりする姿がありました。

半円のコーナーでは2つを合わせ丸を作ってタワーにしたり並べて顔を作ったりしていました。

三角のコーナーでは交互に重ね、山脈づくりをしている姿も。「2つくっつけたら違う形だ!」と形の変化に気付き、楽しんでいる子もいました。

最初はそれぞれのコーナーで遊んでいましたが「一緒にお家つくろうよ」「僕は新幹線のお家作るから走る所作ってね」「ぼくもいれて!」など友達と協力し、色々な形を使いながら一つの作品作りに。

今までは1人で作る事が多かった子ども達ですが少しずつ周りの子にも意識が行き、一緒にができるようになってきたからこその姿だと思います。少し手が当たって壊れてしまっても「壊れちゃったね」「また作ればいいよ!」とお互い言い合い、さらに大きなものを作っていました。しばらくして「これは何つくったの?」と聞くとできた!という達成感からかとっても嬉しそうに「これはお家だよ」「新幹線」と教えてくれました。

広い空間でじっくりと集中して遊ぶこと1時間。大きな家や恐竜など様々な作品が完成し、大満足の子ども達。環境を整える事でここまで遊びが広がるのだと気付かされました。今後も子ども達のやってみたい気持ちを尊重しながら遊びを提供していきたいと思います。

1 / 212