うめ組 まこと先生と遊ぼう

8月の毎週木曜日、うめ組は作業療法士の中鶴先生と一緒に「まこと先生と遊ぼう」の時間があります。

第1回目の8/5 まこと先生が装置を組んで下さり、体を動かして遊びました。

リズム室に入ると、嬉しそうに興味を持って装置に取り組む子もいれば、普段と違う環境(場所や人)に保育士の後ろに隠れる子もいました。

初めは活動に入れない子も、保育士の側にいたり、周りの様子を見ている姿を保育士に十分に受け止めてもらうことで、次第に少しずつ離れてみたり、誰もいない装置へ行ってみる姿が見られました。

「行っておいで」や「やってみて」と促すのではなく、その子のペースを待つことで、子どもは安心して自分のタイミングで「やってみよう」とする気持ちが生まれるのだと改めて感じる瞬間でした。

さて、まこと先生が組んで下さった装置の中には、子どもたちが活動するにあたって様々な意図が組み込まれています。

①踏み台をひっくり返して置く
子どもたちが入れるようなスペースができることによって、子どもたちは「はいりたい!」という気持ちが生まれます。また、入りたい子が集中することにより、ぶつかり合いも出てきますが、ぶつかり合いの中で自己主張する姿も出てきます。
※まだまだ場所の”共有”は難しいですが、友達とのぶつかり合いを経験して重ねていくうちに自然と子どもたちなりに学んでいきます。

②マットのトンネル
トンネルをくぐることで自然と”這う”という動作を促します。また両方から出入り出来ることで、トンネルの中で衝突する場面が出来たり、対面側に友達がいたりして、友達と”出会う”ことで関わりが生まれます。(この時は自然と いないいないばあ が始まりました^ ^)

③でんぐり返し
補助をしてもらいながら、でんぐり返しをします。
初めて経験する子どもたちもいたと思います。でんぐり返しをした後は驚いた表情を見せていましたが、後々「にこー(^^)」と笑って楽しかったのか良い表情を見せてくれたり、「もういっかい!」と何度か繰り返す子もいました♫
子どもたちが”初めて”の感覚を味わった時の表情が、私たち保育士にとってもたまりません😍

※2歳頃からは視覚での感覚が増えてきますが、でんぐり返しを通して、内耳の感覚(平衡感覚)に刺激を与えることが大切だそうです。

④棚のBOXに入る
子どもたちが大好きな狭い空間に入ることで気持ちが落ち着いたり、シーツを被せて いないいないばあ 遊びをしたり、シーツの上からBOXに入り、体が包み込まれたりと安心する空間もできます。

上記に挙げたのは一部ですが、子どもたちが遊びを通して学ぶことのできる仕掛けがたくさんありました。
私たち保育士も子どもたちが活動の中で自然と友達を意識したり、自己主張したりする場面を作り、成長するにつれて少しずつ社会性やコミュニケーションを培っていけるように今後も意識していきたいと思います^_^

園外保育 もも・さくら組 魚類市場グループ

先日、魚類市場グループが園外保育に行きました。魚を見に行きたいという子ども達が行ったので、興味津々!大きなカツオを見せてもらい「抱っこしていいよ」と言っていただきましたが、大きさに怖がる子ども達。女の子が勇気を出して、2キロのカツオを持ってみると「重いんだね!」とびっくりしながらも、持てた事に嬉しそうな表情を見せていました。他の子達は指でつついてみたり、なでてみると「ツルツルしてる」「固いんだね」と気づいた事を伝え合う姿が見られました。

キビナゴも見ることができ、小さかったので「かわいい〜」とみんな積極的に手の平に乗せていました。また、目の前でキビナゴを手で開きにして頂き、骨や内臓を見る事ができました。

魚類市場の競り場や魚屋さんが魚を仕入れにくるお店で色々な魚を見せて頂き、保育園の給食でよく出る魚もいましたが、ピンときてない様子で魚類市場と給食で見る魚は違ったように見えるのかもしれません。今度、給食で魚が出てきた時には写真を使いながら、繋げられるようにしたいなと思いました。生きているお魚を近くで見る事の少ない子ども達は動く事に驚いたり、怖さもあったようですが、良い経験になったようです。帰ってきてから、サークルタイムで見てきた魚や貝の事をポートフォリオの写真を使いながら、一生懸命自分の言葉で伝えていました。見てきた事を友達に話をする事で伝えたい気持ちも高まり、伝える力もついていくのだと感じました。

 

主任だより 職員自己研鑽

保育士としての専門性を高めるべく、自己研鑽計画を毎年立てています。

内容は、子どもに関する本やニュースを読んでのレポートや、報告会、ピアノなどの実技面、毎日の日誌など…個人に合わせて設定。

発達を改めて学んだり、幼児教育・保育に関する最近の世界的な動向を学んだり、保育の振り返りを指針に基づいて行い報告したり…どれも保育士として必要な勉強です。

忙しい毎日の中で、頑張っております。

 

さて、先日、自己研鑽として計画していた「報告会」を行いました。

報告者は保育園に勤めて三年目となる職員三人。

参加者は、園長・主任・同法人内療育施設の施設長二人。

当日の朝から、三人は非常に緊張しておりましたが…

クラスごとに保育をまとめているポートフォリオを何枚も用いた、分かりやすい報告!

ブログでも常々「保育指針」というワードを出しておりますが、三人とも保育を指針の目線から振り返り、子どもの個々の姿や何日もかけて展開されていった保育のねらいなどイキイキと話していました。

(ちなみにこちらは、その「保育指針」の解説書です。)

 

また、報告が終わり、より伝わりやすい報告にするには?今後の保育は?発達を踏まえてどうみるか?などなど様々な目標・課題も見つかり有意義な時間となりました。

報告に用いられたポートフォリオは、職員なりの保育のポイントや子どもの様子など書き込まれています。各クラスに掲示&ファイリングされていますので、ぜひご覧になってください。

そもそも何故、報告会を行うことにしたのか…?

簡単に言いますと、子どものために、「伝える力」が必要不可欠であると考えているからです。

伝える力が必要になる場面として例を挙げますと

・職員同士の連携を高めるために日ごろから保育内容について伝え合う

・その子ひとりひとりにあった関わりを行うために職員同士で伝え合う

・保護者の皆様へ保育内容(ねらい)や子どもの姿、発達について分かりやすくお伝えする

・保育に関する国の方針を保護者の皆様へお伝えする

…など。

誰が聞き手であっても、話し手の思いが正確に伝わる。

正確に伝わることで、聞き手だった人も話し手だった人も協力して、子どものために動くことが出来る…というわけです。

子どものため、と思うのはどの大人も共通なのですが、てんでばらばらに動くよりも、同じ方向を見て歩いたほうがきっと良いですよね。

そして、その方向は「今までこうしてきたから」「こっちの方が何だか良さそう(楽しそう)だから」という曖昧なものではなく、しっかりと根拠のある道でありたいと思います。

 

今は保護者の皆様へポートフォリオ・ブログ・コドモン・送迎時にお時間を頂いてのお話、などで様々なことをお伝えしていますが、さらに伝わりやすい発信方法はなにか?と、模索中です。

夕方、廊下を歩いていますとクラス掲示のポートフォリオを眺めて微笑んでいたり、「〇〇したの?」と会話のきっかけになっていたりとする光景を度々目にしまして、そのたびに嬉しい気持ちになります。見てくださり、ありがとうございます。今後とも、喜びを共有できたらと思います。

 

 

また、本日は園内研修でした。

園内研修の内容は「2、3年目の話し合い」。

新年度が始まって4カ月、担当クラス以外の保育をポートフォリオを通じて知り、お互いの保育について意見を交わしあっていました。今後の保育内容、保育園についても話し合う時間を設けられたようです。

内容については、来週の職員会議にて発表予定です。

クラスが複数担任制になり、当園での勤務年数が5年未満という職員の割合が増えてまいりました。

職員たちが日々の忙しさから、一歩立ち止まり考える時間を持てない・話し合う時間を持てない・そもそもお互いがどんな保育をしているのか、どんな考え方をしているのかを知ることができない…というのは問題です。

 

―率直な意志の相違は、進歩を示す健全な兆候だ。

というガンジーの言葉があります。

本日の話し合いで、様々な意見を交わしあったことが、今後よりいっそう保育の質を高めていく一歩となることでしょう。

 

保護者の皆様のご協力のおかげで、貴重な時間を作り、こうした話し合いを行うことができました。ありがとうございました。

 

 

話し合った内容をまとめている二人の後ろ姿です。

園外保育 ゆり組さん

先日、ゆり組・きく組で園外保育に行ってきました。

ゆり組になってから毎週のように“ゆりきく交流”を行なっていたこともあり、関わりが深まっている姿が多く見られてきました。

そこで、乗り物が好きな子が多く、運転手になりきって遊びを楽しむ様子から幼稚園バスを借りて吉野周辺を見て回ることに!!

自分たちが乗るバスを見るなり、「バスだ!!」と興味津々の子ども達。すれ違うバスやトラックをキラキラした目で見ていましたよ。

交番や消防局が近づくにつれ、立ち上がる姿も…。立つと危ないと気づいた子は、「立たないで!」「危ないよ!」と言い合う姿もあり、自分で考え、規範意識や言葉で伝える力がついてきたようで嬉しく感じました。

普段車から見ている景色とは少し違い、大きい窓から見える景色は新鮮だったようで外の景色に釘付けになる子ども達。

何気なく見ている景色から色々な発見もあり、園に帰ってきてからも「〇〇あったよ!」という会話も聞こえてきました。

園ではあまり見ることのない新しい反応もあり、子ども達らしい姿を大切にしながら日々の保育に繋げられたらと思っています。

3歳以上児になると園のバスだけではなく、公共交通機関を使って園外保育に行くこともあります。子ども達は遊びを通してルールを守ることの大切さ、規範意識が身についていきます。普段何気なく乗っている公共交通機関で見る子ども達らしい姿が見られるかもしれません。その際はまた教えてくださいね。

ご家庭と一緒に子ども達の成長を見守り、新しい発見があったら嬉しいです😊

 

 

土曜日の子どもたち👦🏻👧🏻

蝉の声が聞こえる中、今日も元気いっぱいで遊ぶ子どもたち。最近、暑さから早めに室内に入ることが多かったですが、今日は少し心地良い風がふいていたので、普段より長めに園庭で過ごすことが出来ました。最初は砂遊びや泥団子作り、登り棒を楽しんでいた子どもたちでしたが、さくら組の子どもたちがしていた水遊び、小麦粉遊びに興味を持ち、一緒に遊び始めました。最後には洋服が濡れて、お顔が真っ白になるほど思いっきり楽しんでいました!小麦粉は触れるとサラサラしますが、水を加えるとドロッとしたり、粘土のように形を作ることが出来たり、白い液体になったり、感覚が変わっていきます。その変化、感覚刺激が子どもたちにとって学び、成長に繋がっていくと思います。これからも子どもたちと様々なものに触れ、経験していきたいと思います。

 

本日のメニュー☆8/9

今日のメニューは“キビナゴの唐揚げ”“にわといじゅい”“冬瓜のすまし汁”でした。今日は郷土料理のメニューでした。キビナゴの唐揚げはとても人気で、子どもたちも頭まで躊躇することなく食べていました😊

にわといじゅいは味噌ベースの煮物で、本来は串に刺した鶏肉を一緒に煮ます。保育園では子どもたちが食べやすいように、小さめにカットした鶏肉を入れました。ごぼう、人参、たけのこ、こんにゃく、厚揚げなどたくさんの具材が入っていて、返ってきたお皿を見ると、ごぼうと人参に苦戦した様子が見られました😅きんぴらごぼうとは違って、いつもより大きめの切り方だったので苦戦したのかなと思います。

本日のメニュー☆8/8

今日の給食は“豚肉の生姜焼き”“野菜のきんぴら煮”“榎茸と豆腐のみそ汁”でした。野菜のきんぴら煮はごぼうや人参、大根、こんにゃく、油揚げと具沢山でした。ごぼうはいつものように、栄養といい香りを逃さないように蒸し煮をしました。野菜たっぷりで和のメニューでしたが、子どもたちもたくさん食べていました!お肉お魚はもちろん、野菜もたくさん食べてくれるのでとっても嬉しいです😊

今日はいつも通りに、いりこ、かつおだしパックに加えて、おやつで使用したカボチャの種からだしをとりました。それぞれから旨みがでていて、美味しくできました。

今日のおやつは“かぼちゃプリン”でした。理事長先生が提案してくださったメニューで、プリンの上に、子どもたちが大好きなきな粉をふりました。

沢山のかぼちゃをペースト状にして、卵、豆乳、きび糖で作りました。普段、保育園では野菜も皮ごと出していますが、今日は口当たりを良くするために皮をむいて蒸しました。そのままでも甘くて美味しいかぼちゃでした!

蒸しあがって、温かいうちにきな粉をかけると、しっとりして食べやすかったです。カボチャの味がしっかりしましたが、きな粉があったので子どもたちも良く食べていました😊

卵アレルギーの子には、ゼラチンを使用してカボチャプリンを作りました。豆乳にきび糖を溶かし、温めてゼラチンを溶かしたものを、カボチャペーストに混ぜて冷やし固めました。簡単ですが、なめらかで、卵が入ってプリンとは違う食感で美味しくできました!

本日のメニュー☆8/7

今日のメニューは“魚のガーリックソテー”“ニース風サラダ”“ベークドポテト”でした。今日は子どもたちも良くおかわりしてくれました。お魚や、ポテトをおかわりしたくて、頑張って野菜も食べていました!一度食べたらサラダも美味しかったようで、その後はサラダもおかわりしていました。今日のドレッシングはイチゴジャムを使って手作りしたもので、色も鮮やかで野菜にも良く合いました!

今日のおやつは“大根もち”でした。すりおろした大根に、ベーコン、ネギ、チーズなど具沢山で、上新粉と白玉粉を入れ、形成しました。もちもちに出来上がり、子どもたちも良く食べていました😊

 

階段も遊び。

2階リズム室に遊びに行く時に、たんぽぽ組も保育士の見守りの下、階段をハイハイで登ります。

階段を自分で登りたい!という気持ちは、子ども達の中でも自然と湧き上がる気持ちです。友達が登っているのを見て、自分でやってみたいという思いがでます。

身近な友達を小さい心でも憧れの存在として感じ、自分もチャレンジしたい気持ちが

湧いてきます。一人では諦めても友だちとなら一緒なら、最後までやってみたくなります。

0・1歳でもしっかり育っている、自立心・社会性・協同性・健康な心と身体の姿がそこにはあります。

そして、何より足・腰・手の力がつきます。遊びながら、楽しみながら育みます。

最後まで登りきった満足そうな表情は、しっかり受け止めてもらい、認めてもらい安心感へと繋がります。

リズム室ではたんぽぽ組ではできない、広々と心と身体を自由に解放できる、遊びや空間を感じさせたいです。

本日のメニュー☆8/6

今日のメニューは“豆腐の田楽”“五目ビーフン”“雑穀汁”でした。豆腐にしっかりついた味噌の味と、しその爽やかな香りが食欲をそそったのか、子供達はたくさんおかわりをしていました!ビーフンも雑穀汁もいつもより良く食べていて、夏バテが心配される季節ですが、良く食べていたので安心しました😊

今日のおやつは“ウインナーロール”でした。子どもたちにも丸々一個食べてもらえるように、ウインナーを半分に切ってから巻きました!子どもたちも喜んで食べてくれていたので良かったです。

今日は午後から、南州農場の方に保育園に来ていただき、改めて勉強させてもらいました。南州農場は鹿屋にある農場で、ハムやベーコン、ウインナーなどを届けてもらっています。色を良く見せたり、香りを良くしたりと、私たちが食べ慣れている市販のウインナーやハムとは異なり、ほとんど添加物を使用せず安心安全で、お肉本来の味を閉じ込めた美味しいウインナーです。「味覚を形成する大事な時期に、本物の味を食べてもらいたい!」という思いは、私たち職員も南州農場さんも同じで、今回改めてお話を聞いて、とても勉強になりました。

今後お知らせしていきますが、10月に行われる育児講座に南州農場さんに来ていただいて、講話、試食会をしていただく予定です!とてもよい機会ですので、是非ご参加ください!

3 / 41234