職員募集をしています♪

社会福祉法人塔ノ原福祉会では、
・錦ヶ丘保育園
・児童発達支援事業所まふぃん
両事業所で職員募集を行っております。
タウンワークに詳しい情報を掲載しておりますので、お知り合いの方がいらっしゃいましたらご紹介ください。

 

☆保育園☆
保育士(常勤・非常勤)
看護師(常勤・非常勤)
保育補助(常勤・非常勤)・・資格なしでOK
https://townwork.net/detail/clc_3692654002/

 

☆まふぃん☆
児童発達支援事業所です。2歳~小学生を中心とした療育を行います。勤務地は上之園町または吉野町。
保育士、教員免許、社会福祉士主事などの資格・免許保持者、常勤または非常勤
https://townwork.net/detail/clc_3692654001/

さくら組 ラジオ取材

本日、MBCラジオの取材がありました。さくら組の子ども達が元気に取材の方の質問などに答えてくれました。インタビューされた子は少し緊張していましたが、考えて答えていましたよ。全員では、息のあった歌声を披露してくれ、子ども達にとって緊張しながらも楽しい時間になったようです。
放送日は、2019年1月8日 (火)9:15 O.A〜
となっております。また、MBCのホームページのラジオの『モーニング スマイル』のブログの中でさくら組の写真や保育園の様子の写真が見れるとのことでした。

土曜日の子どもたち


土曜は人数が少なく、保育園の向かいにあるケーキ屋さんまでお散歩に行きました。外のクリスマス飾りを見たり、中に入らせてもらいケーキを見たりさせてもい子どもたちも大興奮で「わあ、ケーキ!」「誰がいい?」などお友達と話をしていました(*^_^*)

たき火

園庭にたくさん葉っぱが落ちているのを見て、子ども達から「たきびしたい!」と声が聞こえみんなでたき火をしました。
まずは落ち葉を集め、運びます。

火がつき、煙が出始めると
「においがするね」「目がいたいね」
「ぱちぱち音がしてる!」「焼き芋入ってるかな」
子どもたちは気付きや発見を次々と言葉にし、
友達と共有する姿が見られましたよ。


中には保育士の姿を見て、真似している子もいました(*^^*)

次は実際にさつまいもを入れてしてみようと思います☆

もちつき

朝から子ども達がウキウキ ワクワク!楽しみにしていた『もちつき』がありました。3歳以上児クラスは、前日からもち米と白米を見比べて、どう違うのか?どうしたら、もちを作れるのか?など話し合いの中での色々な疑問から、「もち米に水を入れたら、もちになるんじゃない?」という声から実際、水を入れ試しました。結果、もちにならないことに気付き、お湯に変えてもならない、色々試しました。「もちにならないね。他の方法ないかな?」という保育士の声に、「炊いたらなるんじゃない?」の声にカセットコンロ、透明の鍋を準備してもち米を少し炊きました。すると、もち米が炊き上がり試食して、「モチモチしてるね!これをつけばいいんだ!」と気づくことができました。今まで、保育士がもちの作り方も丁寧に説明していたのですが、実際は子どもの記憶に残っていなかったという状況です。

今回も子ども達の疑問に保育士も付き合い、試すことで、子ども達もちの作り方を理解できたのではと思っています。そして、少しずつ 疑問が広がり『なぜもちをつくのかな?』となった時に子どもの中で由来の意味も理解できるのだろうと思うことでした。

うめ組からさくら組、みんなもちをつくことを楽しむことができました。きく組からさくら組は自分で丸めた突き立てのもちを美味しくいただきました。

さくら組 初めての硬筆

今週、初めての硬筆がありました。1回目だったので“どんなことをするんだろう”と緊張している様子でしたが、硬筆の先生が話をして和らげて下さったので、始まる頃には笑顔が出てきました。先生の自己紹介を聞いた後、硬筆スタート!

硬筆の道具の確認、書く時の姿勢、鉛筆の持ち方の話をまずは聞きます。鉛筆の持ち方は持ち方の書いてある紙と自分の手を見比べながら、「これであってるかなぁ」と何度も確認していました。

その後は、プリントを使って線をなぞる練習。絶対に線から落ちないようにゆっくりなぞったり、勢いでなぞったりとそれぞれでしたが、書き終わった後のプリントを見ながら、「ヨロヨロの線とまっすぐきれいな線があるけど、どうしてだと思う?」の先生の問いかけに「ゆっくり書いたらきれいな線になる」と答えていました。2枚目のプリントをする時には線から落ちないようになぞる事を意識していました。

きく組、人とのつながり

今日のきく組の子どもたちは、さくら組の子どもたちと散歩に行ったり、給食を幼稚園の子どもたちと食べたりと、人との関わりが増える一日でした。

さくら組の子どもたちが地域の方に挨拶するのを見て、自分も挨拶したり…縄登りもへっちゃらなさくら組の子どもたちを憧れの目で見上げたり…。道路側へスマートに立ってくれるさくら組の子どもたちの姿を見て、きく組の子どもたちも来年度からはそうする子も出てくるのだろうなと思いました。

給食は、初めて年少組同士だけで食べました。最初は緊張して静まり返っていましたが、食べ終える頃には打ち解け始め見送りに手を振る子も。

去年は幼保でくっきり分かれて遊んでいた子どもたちです。少しずつ、子どもの世界が広がって来ているのだなと思いました。”見知らぬ子”から”友だち”になってく経験、いずれ同じ小学校に進むだろう子どもたちの親睦…などなど様々なねらいもありますので、今後も幼稚園の子どもたちと交流を無理なく重ねて行きたいと思います。

今日のもも組♩

  久しぶりの雨で外に出ることができず、室内で過ごしました!しばらく遊んでいると、「シャボン玉をやりたい!」と言い出す子供達。準備をしていると、1番大切なシャボン玉の液が無いことに気が付きました…。もしかしたら作れるのでは?と思い、子供達と液の作り方を調べると水・洗剤・砂糖を混ぜると出来る事を知り、いざ実験!!

 

「もっと入れて〜」「混ぜればいいんじゃない?」など言葉による伝え合いも見られながら、共同して子供達なりに配合しベストなシャボン玉を作り出していました。

 

しばらく遊んだ後は、自分たちで進んで最後まで片付けもしてくれましたよ♩

ゆり組 サーキット遊び

週末明けで楽しい思い出がいっぱいの子ども達!  そこでサークルタイムを行い、話を聞いてみました。「えっと…ママと散歩に行ったよ!」などとまだ拙い部分もありますが、誰と何をしたかをちゃんと言葉で伝えたり、友達の言葉に耳を傾けたりする姿が見られました(*^^*)人前で自分の気持ちを言葉で伝える・話を聞くというのはとても大切な力。この年齢からもそういった力が育つ工夫をしていきたいと思います。

朝の会の後はリズム室でサーキット遊びをしました!渡るやくぐる、よじ登るなどの基本の動きを中心に十分に体を動かしました。最後は一人づつ“よじ登る”装置に挑戦!「格好良く待っている人からね」と伝えるとマットの上で静かに自分の番を待てていて驚きました。体の動かし方を考えながら一生懸命登っていて、その時の真剣な顔と、できた時の嬉しそうな笑顔が素敵でしたよ(*^^*)

絵本館で遊びました

 

午前中、雨が降ったので子ども達が普段と違う環境の中で楽しんで遊べるようにと思い、初めて絵本館に行って遊びました。初めての環境に場所見知りをして泣く子がいるかなと思いましたが、泣く事も無く絵本館の奥にあるトンネルや階段、絵本に積極的に興味を持って楽しそうに遊んでいました。追いかけっこをしたり、「いないいないばあ!」をしたり、手を振りあったり、友達との関わりも見られましたよ!初めての環境でも信頼できる保育士や友達がいる事で積極的に遊べる子ども達の姿にとても成長を感じました。また、絵本館に行って遊ぶ機会も作っていきたいと思います!