きく組 数の木あそび 

先日、数の木という童具で遊びました。

遊びながら楽しく数の概念、知識を身につけられます😊

今回は二種類の遊び方をしました。1つ目は2チームに分かれて長さを競う遊び。2つ目は高さを考えて立体的に橋を作る遊びです。

1つ目はサイコロをふって出た数を自分で選び、並べるのですが、出た数と数の木がなかなか一致せず…😫まだまだ始めたばかりなので、少しずつ数への興味が深まり、楽しめたらいいなと思いました!

2つ目の遊びは高さを揃えないと崩れてしまう為、自然と「ここにはこの数を置いて揃えよう!」と考えることができていました!どんどん大きくなっていく数の木の橋をみて、子どもたちもとても楽しそうでしたよ♪

まふぃん錦ヶ丘(児童発達支援事業所)がオープンします!

既に6年前から上之園町で児童発達支援事業所まふぃんを運営しておりましたが、
この度、4月1日よりお隣の錦ヶ丘幼稚園の敷地内に児童発達支援事業所まふぃん錦ヶ丘をオープンすることになりました☆
午前中は未就学児の療育、放課後デイサービスを実施します。

 

まふぃんホームページ https://muffin.tonohara.org/ より
“まふぃん利用児童の中には、病名や障害名など医師の診断がある方もいますが、大多数はそうではありません。
障害の有無や通学先に関わらず、まふぃんを利用する子どもたちがみな、自分の個性や力を活かし幸せな人生を送れるようにと願っております。
そのためには就学前・学童期など各年齢及び発達段階を見極めたうえで、それぞれが本来持っている個性や力をのばす支援を行うことが不可欠です。
大人の言うことをじっと聞けることや、みんなとおなじ活動ができることだけを目標にするのではなく、
子どもたちが社会生活を営む上で守らなくてはいけないルールを体験を通して学び、また状況や環境にあわせた行動をとれるよう支援することを目標にしています。”

 

オープン予定は4月1日、利用相談・希望は099-250-9361(まふぃん園長 ヒロタ)までお気軽にどうぞ!
パンフレットダウンロードはこちら

ゆり組 少人数活動

これまで続けている毎朝のサーキット活動。
最近は、より「発散」ができるよう、少人数に分けて、リズム室での活動を取り入れています。

何もない環境の中を走り、途中からジャバラマットを用いて空間を区切ることでどのようにしたら通れるか考えて動く姿が見られます。

またピアノの椅子からマットへジャンプする活動では、初めは衝動的に跳んでいた子たちも回数を重ねるうちに、ひと呼吸おいて危なくないか前を確認して跳ぶことができるようになってきました。そして、この活動を通して並んで順番に待つことも自然と身についてきているように感じます。

発散・集中に繋がるよう遊びの中にも取り入れながら続けていきたいです。

ゆり組 目指せ!ぴかぴか泥団子

「これ作りたい!」目線の先にあったのは、
ぴかぴか泥団子の作り方。

どうやって作るのかな〜とじっくり見たり、以上児を見て真似したり、サラサラの砂を求めて様々な場所で作ってみたりと日々試行錯誤しながら熱中して作る姿が多く見られるようになってきました。


作った泥団子をとっておくことや、次の日もまた続きから作ることができるよう器を用意すると、「1日寝かせてみよう!」「ラップで包んでみたらどう?」子どもたちから色々アイディアが出てきました。
時には作っている途中で壊れてしまうこともありますが、「もう一度作ってみる!」と次はどのようにしたら壊れにくいか工夫しています。いつかぴかぴかの泥団子ができる日が楽しみです☆

節分

先日、シールを貼ったり、クレヨンで書いたりして鬼さんを作った子ども達。
今日はそれをお面にして豆に見立てたママボールを使って豆まきを楽しみました♪
壁に貼ってある鬼に向かって「鬼はそと〜福はうち〜」と一生懸命投げ、「鬼さんいなくなったね〜」と話す子ども達の姿がありました。
最近、子どもたち同士での会話が増えてきたように感じます。

絵本を新規購入しました!

こんな絵本たちを新しく購入しました。

気に入った絵本は何度でも読み返す子どもたち。すっかり古くなっていた物を新規購入しました。絵本館や保育室に置く予定です。

泥だんご作り

 ゆり組からさくら組の子ども達の中で泥だんご作りが流行っていますが、最近たんぽぽ組の子ども達も泥だんごに興味を持っています!ある日、うめ組の保育士が泥だんご作りをしている姿を見て、「何をしてるの?」「何これ?」と近付いて行き、じっ〜と観察しながら、真似して泥だんごに砂をかけたり、手のひらでコロコロと転がしたり泥だんご作りを楽しんでいました。遊びの中で様々なものを見て、興味を持ち学んでいるようです!見た事、学んだ事がこれからの新たな遊びになって行くのが楽しみです(^^♪ 

本日のメニュー☆1/30

今日は日が当たらず少し寒い一日でした😂いつもは太陽が出ているため少し暖かく感じますが、曇の日はとくに冬だなぁ〜と実感させられます🍃
今日のメニューは“昆布巻き”“ツナじゃが”“豚汁”でした!昆布巻きはとくに食べてくれるか心配でした!ゆり組さんへ行ってみると、昆布が噛み切れなかったのか、中のお魚だけ食べて昆布をずっと噛んでいる状態でした😂笑
小さな子どもたちが噛み切って上手に食べるには少しかたかったのかな、と反省するところでした😅しかし、思ってたよりよく食べていて残食もほとんどありませんでした!また来年、もっともっと美味しい昆布巻きを作って残食ゼロを目指したいです!💪

本日のメニュー☆1/29

天気の良い日が続き、寒いながらも日中は暖かく過ごしやすいですね😊早いもので1月も終わりに近づいてきました!巷ではインフルエンザが流行し、まだまだ気をつける必要がありそうです😂手洗い、うがい、そして水分補給をこまめにしましょう!
今日のメニューは“八宝菜”“キャベツの生姜スープ”“オレンジ”でした!生姜は加熱して使うと体を温める働きがあるのでこの寒い季節にはぴったりです!今日のスープも大人気でした😁さらに生姜は加熱して天日干しにするとより体を温める効果があるようです!お時間のあるときに是非😉

きく組、魚への興味

先週、給食中のこと。汁物に入っている鮭を見て保育士が「この魚どこから来たんだろうね」と呟くと「海から来たんだよ」「釣ってきたの」「スーパーにあるよ」と魚の話題で盛り上がりました。
部屋に魚の図鑑が置いてあるため、魚の種類を言う子も。
子どもの興味が向いているのを感じ、早速次の日に近所のスーパーと水槽が置いてあるお店へ散歩に行きました。

興味のある子は一部かと思いきや、水槽や売り物の魚を前に全員興味津々。
ここでも、部屋にある図鑑の影響か、魚博士になりつつある子どもから知っている魚の名前が沢山出てきました。

スーパーではホッケの開きなどを買い、翌日焼いて食べました。水槽で泳いでいた魚を見ていたため、「かわいそう…」と言いつつ…。

この魚への興味がどのように展開されていくのか。保育士側も様々な想定をしつつ、子どもたちの自由な発想や呟きを大切にしていきたいものです。

後日、魚釣りごっこを楽しむ子どもたちの姿が見られました。