もも組 水族館に行きました🐟

先日、水族館へ園外保育に行ってきました。

もも組では、7月ごろから絵の具を使った遊びなどを継続して行ってきました。お部屋の中には様々な用法で描いた紙が飾ってあります。

その過程の中で、魚類市場に園外保育に行った子がクラスに「こんなお魚もいたよ〜」と図鑑など見て教えあっていました^_^  すると、話を聞いた子達が折り紙で魚を作り、遊び始めました。折り紙を使う制限を設けず、好きに作っていいよと伝えると、そらぞれ個性的な魚を作り始めます。そして、「壁に飾りたい!!」と子ども同士の中で話し合い、決めていました。最初は壁にそのまま貼っていたのですが、1人の子が「水族館にしようよ!」と提案します。

保育士がその声を聞いて大きな紙を用意し環境を整えると、紙に色を塗り始め、次々と魚を貼り始めました。

部屋に飾ってある絵の具の紙にも貼ろう!と考えお部屋の中に魚がたくさん溢れてきました🐟

その部屋の様子を見た子どもが「もも組を水族館にして、他のクラスのお友達も呼べたらいいなあ〜、、、」とポツリ。

「じゃあ水族館に実際に行ってみようか〜!」の流れで水族館に園外保育に行くことになりました!!

 

園外保育当日。ワクワクしながら水族館に到着!入ってすぐの黒潮大水槽を見た瞬間、様々な魚に釘付けのみんな^_^

ジンベイザメを見て「どうやってここまできたのかなあ?」「エイの顔おもしろいねえ〜」「魚達はどんなエサを食べてるの?」など疑問がたくさん出てきているようでした。その後も次々まわり、チンアナゴやノコギリザメ、ピラルクーやウミヘビなど間近で見ることができました♩

途中、水槽の横にある魚の説明を見つけてひらがなが読める子達が「あの魚は〇〇って名前だよ!」と言っている姿もありました👀

イルカのショーも見れて大満足で園に帰ってきてからは、写真を使って振り返りをしました。

字を書くのが得意な子は一番楽しかった事をポートフォリオとして印刷し、下の空白に文字や絵で感想を書きました。

図鑑を見て魚を探すのが得意な子は、部屋に置いてある図鑑をみて「これがいたね!」と振り返っていました。

様々な活動が繋がって叶った園外保育。子ども達の声を聞き逃さず、継続して保育を行えたなと思いました。今回の園外保育の目的は“もも組に水族館を作る”でしたが、魚への興味もたくさんあるのでそれを形にこれからも活動を続けていきたいと思います(^ ^)

子どもの表現活動 【リーダー便り】

1歳児クラス(うめ組)と2歳児クラス(ゆり組)に入りながら、子ども達の遊ぶ時の目線、言葉、行動を見ていると、大人にとってはなんでもないことが子ども達にとってはとても楽しく興味深いことなのだと感じます。

今回は、両クラスで一緒に遊びながら私自身が感じたこと子ども達の表現の豊かさをお伝えしたいと思います。

 

1歳児クラス(うめ組)では、粘土遊びをしました。保育園で使用しているのは油粘土です。最初は少し硬めかなと思いますが、少しずつ人の体温で柔らかくなっていきます。遊びながら、粘土の硬さが変化していくことで子ども達も掌で触感を楽しむことができるのです。

粘土遊びをする中で、子ども達に存分に手、指を使って粘土の感触を味わってもらいたいという思いがありました。

なので、掌を使って、長く伸ばしたり、ちぎったり、丸めたり、平べったくしたりと子どもの目の前で ただ私自身がひたすらしてみました。「ほら、長くなったよ!蛇ができたよ!」と言いたいところですが、子どもには「長いね。」言葉かけをすると、自然と真似をして作ろうとする姿がありました。長く伸びた粘土を見て、大人はすぐ蛇などとイメージしがちですが、子ども達は違うものをイメージするかもしれません。なので、蛇という言葉を口にはしませんでした。しかし、しばらくすると子どもから「へび」という声が出ました。そこからは、丸めながら、「だんごー!」など少しずつイメージしながら、粘土遊びを楽しんでいたように感じます。1歳児の表現はそれで十分立派だと思うのです。そういう積み重ねでイメージする力がついていき、3歳以上児クラスになった時に、更に自ら頭で思い描くものを形にしていけるのです。

 

では、2人の子どもにスポットを当ててお伝えしたいと思います。

T君は、最初粘土に触れずに ただ私がしている手元をジーっと見ているだけでした。次に私のしているのを見ながら、自分も粘土を取って、粘土を触り始めました。そして、いつしか私の手元から自分の手元に目を向けて、粘土遊びに夢中になっていたのです。「こうやって、伸ばすんだよ!こうしたら、ちぎれるよ!」と教えなくても、自分で見て学んでいたのだと感じました。

それから、T君は粘土遊びに集中し給食の時間になっていたのですが、集中している遊びを中断させたくなかったのでマットで小部屋を作って、更にT君が集中して遊べる環境を整えました。遊びに集中できるということは、小学校に入ってからきっと学習に集中できると信じています。

 

なので、正直 にしきっこがみんな自分のやりたい遊びを楽しみに保育園に通ってほしいなと願っています。子ども達が楽しみながら通ってもらえるように保育士側も考えながら保育を行わなければいけないと感じます。子ども主体だから、子どものしたいことを提供すれば良いというわけではありません。バランス良く遊びの提供できるようにしていかなければいけないと保育をしていると強く感じます。

 

そしてT君は、満足すると自ら粘土を入れ物に片付けて、手を洗いにきました。保育士に「片付けてください。」と言われたわけでもなく、本当にその活動を自分の納得いくまでできたからこそ、自らその活動を終えることができたのでしょう。その場にいた職員が皆 目にして驚いた瞬間でした。T君の場合は、今回形として粘土が残りませんでしたが、粘土という素材を十分楽しめていたように思いました。手指を使うことで【第2の脳】を十分活性化できたのではないでしょうか。

 

Rちゃんの場合は、自分の掌に入るぐらいの粘土を手にして、ギュッと握りしめて、そっと広げてジーっと見つめていました。指の型がついたことに気づいたのかもしれません。そして、私のところにきて満足そうに「先生、ギュッ!できたよ💓」と教えてくれました。私も「かわいいギュッ!だね。」と言うと「先生もして!」と言われ、Rちゃんと同じように粘土をギュッ!と握りしめ、指の型がついた粘土の塊をRちゃんに見せると「いっしょ!」と喜んでいました。形がはっきりして、何を作ったのか分かるものが作品としては見栄えはいいかもしれません。しかし、今まで形あるきれいな作品は保育士の手が加わることで完成するものであって、その子ども自身が作った作品とは言えません。まさに、Rちゃんが作ったギュッ!は、子どもが作ったかわいい作品です。素晴らしい作品だなと思いました。

保護者の方にもお伝えすると、「家でもご飯をギュッ!としていて💦」と教えて頂きました。Rちゃんは、色々な素材でギュッ!として感触を確かめいるのではないかと思うことでした。

下記の写真がRちゃんの作品 「ギュッ!」です。

かわいいアートですよね!

 

次は2歳児クラス(ゆり組)では、お花紙を使った活動を行いました。1歳児クラスでも行っていた活動だったので、これが1年の違いでどのように変化するのか見てみたいと思いました。ただ、お花紙を子どもの前に出しだだけで、遊び方は伝えませんでした。1歳違うだけで語彙の数も違い、活動中もお花紙を手にして「きれいだね!」「フーってしたら、飛んだよー。」と子どもが紙を手にして感じたことなどを言葉にしていました。その後は、紙を存分に使って、ちぎったり、裂いたり、丸めたりすることを楽しみました。うめ組の遊んだ紙の量よりかなり多かったような気がします。きっと、1歳児の時色々経験して、手、指を存分に使った遊びをしたのでしょう。子ども自身が手、指を使って裂いたりしたお花紙を次に傘に入れて、回すと、雨のように、傘から紙が溢れる様子を見て、「雨だあ!雨だあ!」と寝転がり、上から降り注ぐ紙を見て触れていました。視覚、触覚の刺激となった活動となりました。

 

午後からは、朝の活動で使用したお花紙を使って次の展開へ。たらいの中にお花紙を投入すると、すぐ気付いた子はすぐ歩み寄ってきました。

保育士が少しずつ水を加えると、自然と子ども達はたらいの中に手を入れていました。「先生、気持ちいい!」「あれー?フーってしても飛ばないね。」と午前中した活動のお花紙との性質の違いに気付いていました。朝と同じことをして、同じ素材なのにできないのはなぜ?と思ったのかもしれません。私が「どうして、フーしても飛ばないんだろうね?」と一緒にその子どもと考えていると、「お水を入れたからだよ!」という声が上がりました。そこで、「どうして、お水を入れると飛ばないの?」と問いかけると、「だって、重くなっているよ。」と手で触れながら重さの違いに気づけたのです。子ども自らの気づきです。

活動を進めていく中で1人の男児が、机にあるものに気づきました。活動前に、ボンド、洗濯のり、水を何気なく置いておきました。きっかけ作りとして、保育士が水をたらいに入れ、その後は子ども達が自ら活動を展開していくことができました。「ぼくが水を入れるね。」「もう少し水入れて!」「のりとボンドも入れるね。」と量を考えながら友達と協力しながら遊んでいましたよ。そして、1人の子の「粘土みたいになったよー。」という一言から第2段階の感触遊びへ。

クラスは、花紙粘土作りで床は水浸しで大変なことになりましたが、掃除をすればいいのだから存分に子どもの遊びを見守りました。

感触遊びを十分楽しめた頃合いにプラスチックの透明コップを投入。そこから、子どもはその中へ入れることに夢中になっていました。入れ終わったと同時に片付けも終わり活動も終了!

 

その後、クラスの先生と話し合い この子どもがコップに詰めたお花紙を乾かして、また違う触感を味わってもらおうということになりました。

5日間、天日干しをして乾きました。そして、部屋の机に置くと興味津々で近づいてきました。

触りながら、子どもなりのイメージが広がりました。

下記の写真は「カエル」だそうです。最初からカエルを作ろうと思い作ったのではなく、後からイメージするという方法もとても新鮮で子ども達の発想の豊かさを感じることができました。

組み合わせて、「アイスクリーム」

またカラカラに乾いたもの、少し湿り気のあるものがあるのに気付いた子どももいました。1歳児クラスでは、感触を十分楽しむ。2歳児クラスでは、少しずつイメージすることができるとともに、子ども自ら遊びの展開を保育士にヒントをもらいながらできるということです。

1年の違いでこのように表現が変化していくのです。

表現も色々あります。文章、絵画、ダンス、造形、音楽と子ども達が自分に合うものを見つけて、存分に表現してほしいなと思います。

またこの遊びの中で、「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」の【健康】、【協同性】、【思考力の芽生え】、【数量や図形などへの関心・感覚】、【言葉による伝え合い】、【豊かな感性と表現】が織り込まれています。毎日の保育の積み重ねで10の姿に繋がっていくのです。

「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」とは、到達目標でも幼児期の終わりの完成形でもありません。日々の遊びの中で、それが子どもの中で育ち、それがいづれ社会に出た時が花が開く時なのです。目まぐるしく変わる社会で【知識がある、言われたことならできる】という人間では社会に適応できなくなると言われているのです。遊びが学びになるのです。日本だけでなく、世界でどんな状況や場面でも使える能力を育てていこうという方向になってきています。

 

保育士も年齢に合わせた保育を行いながら、子どもの声に耳を傾けて、何に興味を持っているのか、どのような気づきがあるのか、そしてそこに保育士の思いも大事だということです。子どもに色々な素材に触れて性質に気づき、遊びの展開を自ら考えていく!

そういう豊かな遊びを行える子どもが増えていくためにも、私達保育士がしっかり子どもと向き合い、観察しながら、環境を整え、保育を振り返り、反省すべき点も抑えながら、次の保育へ生かしていく!そういう当たり前のことの大切さを今一度、保育士一人一人が考えていかなけばいけないなと思いました。今年度も折り返し地点です。園内研修で前期の振り返りが9月28日にあります。保護者の方からご協力いただいている大切な時間なので、後期の保育に十分生きるように意識を持って研修に臨みたいと思います。

文責:古市

まこと先生と遊ぼう!たんぽぽ組 段ボール編

段ボール遊び📦を中鶴先生と一緒にしました。

身近な環境や素材(段ボール)に、触れ一緒に遊ぶ。一つの素材で遊びきる、遊び尽くす!をねらいにしました。

段ボールの特性として、『実は甘い香りがする。大きいが軽いため、持ったり運べるので満足感を感じる。

遊んでいくうちに、馴染んで使いやすくなる。』

①組み立てた段ボール箱📦に、それぞれの感じ方で触れる。

叩いたり、押したり、持ち上げたり、座ったり…

初めての段ボールにそれぞれに興味を示す。

②段ボールに馴染み、集中力がきれたころに2個つなげて変化を持たせる。

変化したことで更に興味を持ち、また遊びが展開していく。

同じ箱に入ることで、場の共有・友達との接近!

③段ボールの横に窓を作り、中にボールを入れ、恐る恐る腕を伸ばし手を出し入れする、

箱の中で指先を動かしボールを探す

『指先の運動、興味、探究心』『協同性』

⭐︎ボールを見つけた時の誇らしげな顔😋(満足感・達成感)

④箱の上から黄色ママボール投入🎾

なかなか手が届かない、どうしたら取れるのか?

まだ横の窓から取れることには、気づかない。

でも…あれこれ試してみる!

『思考力の芽生え』

 

⭐︎段ボールを通して、『いない・いない・ばあ!』

1時間近く、集中して遊べました。子ども達も段ボールが大好きだったので今後、更に遊びを展開していきます。

本日のメニュー☆9/20

今日のメニューは“青椒肉絲(チンジャオロース)”“中華スープ”“揚げない大学芋”でした。チンジャオロースの青椒(チンジャオ)はピーマン、絲(スー)は千切りを意味します。肉は豚肉のことを言っていますが、青椒牛肉絲(チンジャオニュウロウスー)というと、牛肉が入った料理を意味します。このように中華料理は漢字一つ一つに意味があり、その意味を知っているとどのような料理なのかわかるものがほとんどです!

今日はゆり組担任の田中先生が、給食室に入ってくれました!ずっと緊張していて、前日も何度も打ち合わせに来てくれました。私たちも新鮮な感じで、楽しく調理ができたし、普段給食室に入らない先生方がどのような疑問を持っているのか、知れる良い機会になりました!

メニューを確認して、ピーマンを切る練習をたくさんしていたようで、今日も大量のピーマンを切ってくれました!

保育室との連携の大切さ、給食を作る大変さを知れました!調理するのは楽しかったです!

と言ってくれました😊

 

保護者説明会

10月から幼児教育無償化・給食費実費徴収が始まります。本園では9月中、3回に分けて保護者説明会を行います。9月14日(土)は、給食試食会と共に保護者説明会第1回目を開催しました。そして午前中は川添まり子さんを招いての育児講座。盛りだくさんな1日となりました。

育児講座 「健やかな体と心を育む子育て~発育発達とペップトーク~」前期まで錦ヶ丘保育園運営母体塔ノ原福祉会の理事を務めてくださった川添まり子さん。中学校の体育教諭としてばりばり!指導をしながら3人の子育てをしていたころの仕事と子育ての両立の難しさ・・などご自身のお話も盛り込みながら参加した約30名の保護者の方をぐいぐいお話に引き込んでいました。

お子様の健やかな成長のためには心と体と両方が大事。そして、「ダメダメ!」と否定語を使うのではなく、ポジティブな声掛け、やる気にさせる声掛けを工夫することで、大人も子供もハッピーになれますよ!というお話でした。当園の保育士も、否定語ではない言いかえの言葉、注意するようにしています。「もっとじっくり話が聞きたかった」「個別の相談がしてみたかった」などのお声が聴かれました。

 

給食試食 入園前の説明会や、園のしおり、日々のブログでも何度もお伝えしておりますが、当園の給食にはいろいろなこだわりがあります。大きく分けると①食材、②調理法、③提供方法の3つです。塔ノ原福祉会の理事長堂園晴彦は医師で、長年「病を食事で治す」を掲げています。味覚が育つ幼少期だからこそ、そして、ミルクから離乳食を経て大人と同じ食事になり体の基礎が完成する幼児期だからこそ、保育園では安全で健康な食事をということに数十年前から取り組んでいます。お米は、出水で生産された低農薬の合鴨米を五分つきにして、そこにミネラル分を補うための雑穀を混ぜます。皮ごと調理する野菜は無農薬の物を取り寄せます。卵も平飼いの餌にこだわった農家さんのもの。その日の朝とった出汁で給食を作ります。

試食会では、その日の給食に加え、出汁2種類の試飲(味噌汁はイリコ出汁でとり、試飲は枕崎から取り寄せる鰹節+昆布出汁、南州農場のベーコンでとった出汁)や、アレルギー対応食、離乳食3期分、そして日々使用している食材・調味料を展示しました。できるだけ無農薬で産地が分かるものを使用しているため価格は量販品の1.5~2倍です。園の給食で使用するベーコンやウィンナーは添加物がほとんどなく、豚の飼育から加工までを自社で行う南州農場さんの物を使用しています。当日は南州農場商品の試食や、製品説明もありました。その説明の中に出てきた言葉「私たちの体は、食べるものでできている」当たり前ですが、わが身を振り返ってみると、ぐっとくるものがありますね!

保護者説明会10月からの消費税増税に伴い、保育園の3-5歳児クラスの「保育料」が無償化されます。少子化対策が表立ってその理由と言われていますが、もう一つ「生涯にわたる人格形成の基礎を培う幼児教育の重要性」を踏まえての制度化です。(内閣府の資料はこちらからどうぞ)来年度から小学校の教科書も変わり、大学入試も変わります。以前より何度もお伝えしている通り、暗記型・一つしかない答えを求める教育からの脱却を迫られる日本の教育界です。

幼児教育もその教育改革のうねりの一部であり、本園でも20年後に成人する園児たちに今私たちができることはなにか?と問い続けながら保育や知識のアップデートを行っています。社会が変わるのに、「今までとおなじ」保育でいいのか?という視点から様々な変革を行ってきましたが、本年度は「発表会」の在り方についても根本から考え直し、昨年からの流れを汲んでさらに内容が変わる予定です。

諸外国では「人生の始まりを力強く Starting Strong」というスローガンを掲げて幼児教育の質の向上に取り組んできました。本園でも、お預かりしているお子様たちの生涯に関わる幼児教育施設なのだと自負して、質の向上に努める所存です。説明会では実費徴収の金額とその根拠、吉野地域の区画整理の動向などの説明のほか、本年度の発表会の日程変更とその理由、発表会がどのように変わるのかもご説明いたしました。詳しい内容については、直接お伝えしたいと思いますので、2回目、3回目にご参加の保護者の方はもうしばらくお待ちください。(副園長 堂園)

 

 

 

きく組 積み木遊び

自由遊びで積み木に触れる経験を重ね、最近は家に加え消防車や船など友達と一緒に1つのものを作る姿が見られます。どんな積み方をするか、それによって何を作るか、子どもたちが話し、選択して遊びを広げていっています。

 

先日、円筒づくりをコーナーで行いました。まずは、作る大きさを自分たちで決めます。前回円筒を作った後、下の方を崩して中に入ったことを覚えていたようで、

1人入れるくらいの大きさにしよう」と決まりました。

積んでいく中で、2段目を積んでいる子もいれば5段目を積んでいる子もいるという状況になり、ペースに差が生まれました。すると、「2段目が終わったら3段目に積もう」などと声を掛ける姿、同じ高さ・間隔で積むことに気付く姿に成長を感じました。

完成すると、早速下の方を崩し中に入る穴を作っていきます。

いざ、中に入ろうとした時、積み木で作った円筒が全て崩れてしまいました。

しかし、子どもたちの反応を見ていると悲しむ声より

「もう一回作ったらいいよ!」と前向きな声がほとんどで

午睡を挟み、夕方続きをすることに。

 

「次はどうやったら崩れないだろうか」

 

午睡後すぐ会話が聞こえてきます。

「小さくしたら良いんじゃない?」

「でもそしたら中に入れないよね」

 

自分の思いを言葉で伝えたり、相手の意見に耳を傾けたりしながら話した結果

今回の目標は

「崩れにくい円筒を作ること」に決定!

 

午前中よりも作る円筒の大きさを小さくし、立方体で土台を作っていたのに対し、今度は立方体と直方体を交互に積むなど子どもたちなりに考え工夫しながら積んでいきます。

 

満足いく高さになると、続いて円筒の周りに何かを作り始めました。

 

「それなに?」

「壊れないように周りにバツ(×)って置いてるんだよ」

 

周りにたくさん作っていたものは上から見てみると、バツ(×)になっており、文字の読めない子達でもわかりやすい「はいらないでね」という看板だったのです。

 

子どもたちは童具を1日やっていても飽きないし、みしろ次はこうしたい・こうすればもっといいものができるかもしれないと考え理想の形にたどり着くようです。集中してじっくり遊び込める時間、時間に縛られない積み木遊び。今回子どもたち発信で自然となりましたが、「どうやったら崩れないか夢の中で考えとくね」なんて会話をしながら、目標に向かって諦めず、最後までやり抜く姿を見ることが出来ました。

次はどんな発想が生まれ、どんなものができるかのか、ワクワクします。

本日のメニュー☆9/18

今日のメニューは“ぶりのおろし玉ねぎだれ”“豆豆サラダ”“ピーマンとイカの味噌炒め”でした。

子どもたちは、比較的豆が苦手な子が多く、給食に出た時も進まない子がいますが、今回のサラダのように、マカロニやフジッリなどに豆乳マヨネーズを和えて出すと良く食べてくれます😊

イカも柔らかく、味噌で味付けをしたので、ピーマンの苦味も抑えられていました。

今日のおやつは“あんぱん”でした🥯

子どもたちもパンはとても好きで、パンの日にはよくおかわりをしてくれます。いつも生地から作って、発酵させて、、、と時間をかけて一生懸命作っているので、美味しい美味しいと食べてくれてとても嬉しいです☺️

 

本日のメニュー☆9/17

今日のメニューは“筑前煮”“里芋の味噌汁”でした。筑前煮には、とてもたくさんの野菜が入っていて、煮崩れを防ぐために少し大きめに切りました。野菜もたくさん入っていたので、子どもたちもあまり進まないかなと心配していましたが、とてもよくおかわりをしていました。ごぼうはいつもと同様、“蒸し煮”をしたので土臭さも無く、とても良い香りになりました!シイタケの戻し汁、高野豆腐の戻し汁もはいり、味が染みてとてもおいしくできました😊

今日のおやつは、“おはぎ”でした。今日は小豆を圧力鍋で炊くところから始まりました!少しアクがでますが、甘さも程よく美味しいあずきになりました。

きな粉バージョンと、あんこバージョンとの種類作りました。未満児さんにはあんこのおはぎが好評で、以上児さんにはきな粉のおはぎが人気でした😊

本日のメニュー☆9/14

今日のメニューは〝高野豆腐の野菜詰め煮〟〝グリーンサラダ〟〝揚げとキャベツのみそ汁でした。高野豆腐はだし汁につけて戻しました。高野豆腐はとても水分を吸うので、一番最初にだし汁につけると出汁を吸い込んでとても良い味に仕上がります!その中にあんを詰めてだし汁を調味した液で煮ます。さらに、それを煮た液を取り、少し味をつけて片栗粉でとろみをつけてタレにしました!出汁をたっぷり使ったので、とても美味しくなりました😊

グリーンサラダには、手作り豆乳マヨネーズをかけましたが、最近では子供達も慣れてきたようで、豆乳マヨネーズをかけると野菜も食べてくれます!

今日のみそ汁は揚げとキャベツ、玉ねぎ、小ねぎという具材はシンプルなものでしたが、玉ねぎとキャベツの甘味、揚げのだしがよく出ていて子ども達にも人気でした!