本日のメニュー⭐︎3/17

今日のメニューは“ひじきのカラフルミートローフ”“けんちゃん”“茶節”でした。けんちゃんは鹿児島の郷土料理で、精進料理として食べられていましたが、最近では肉を加えて普段から食べられています。ゴボウ、人参、椎茸などの野菜を油で炒めて、茹でたそうめんをいれた料理です。鹿児島の郷土料理ですので、きび糖がはいり少し甘めの味付けです。

茶節は、鹿児島県指宿市一帯を中心とした薩摩半島南部の郷土料理です。疲労回復等に効果があるとして昔から食べられていました。家庭での作り方は、湯呑みに麦みそと鰹節を入れて、熱いお茶もしくは、お湯を注ぎよく混ぜます。好みで生姜や小ネギを入れます。珍しいお汁で、子どもたちもいつも入っている具を探していました(笑)かつお節が入るので、出汁の香りがしてとても美味しいです。

もも組 スナップえんどうでクッキング

先日、スナップえんどうを大量に頂いたので、クッキングを行ないました。

まずは話し合い。

何を作りたいか話し合うと「そのまま食べてみたい」ということだったので、サッと茹でて食べる事に。他には、最近本棚に置いていた豆の料理本の中で作ってみたいのがあるという事だったので、スナップえんどうにアレンジして〝ミルクトマトスープ〟と〝チャーハン〟を作る事に決まりました。1日では作りきれないので、二日に分けてクッキングしました。

 

クッキングの経験を重ねてきたので、必要な材料や道具を考えたり、準備するのもスムーズになりました。詳しく指示を出さなくても「取りに行ってくる。」と自ら動き始める姿も見られるようになってきました。また、スナップえんどうの下処理は初めてでしたが、コツをつかんだ子が教えてあげたり、「どうすればいいの?」と自分から聞く姿もありました。

出来上がるとスナップえんどうが苦手と言った子も一口自ら食べてみたり、おかわりをする子がいたりとそれぞれに春の食材を楽しんでいました。

 

食べた後はさっそく片付けです。いつも使った物を洗ったり、クッキングした場所をきれいにしたり、最後まで子供達にやってもらうので手際も良くなっています。クッキングをする時は準備から片付けまでが一つの活動なので、その習慣がずっと続けられると良いなと思います。

運動遊び【たんぽぽ組・0歳児】

木曜日、運動遊びをしました。身近にある道具を使って「登る・渡る・ぶら下がる」の動きを誘発しました。

机同士の間を広げて床に置くと、「どうやって向こうに行こうかな?」と子ども達なりに考えます。やり方は子ども達にお任せ。保育者の役割は、子ども達の動きを予測し、いざと言う時に直ぐに手助けできるようにすることです。子ども達はこれまでの経験から、油断をすると危ないことを知っているので動きはとても慎重です。また、難しいことでも友達の動きを見ながら学んでいます。

今回の活動で子供達の成長を感じたのはこの場面。高さのあるところから、ジャンプすることができるようになっていました。前に保育者がいてくれる安心があるからこそ、難しいこともチャレンジすることができますよね。両手を広げてジャンプ!!保育者が「できたね!」とことばをかけてくれることが嬉しくてそれを見ていた子ども達がどんどんチャレンジし、達成感を味わっていたようです。

このような活動から、自分の気持ちを表現することも学びました。今までは、嫌なこともしたいこともどのように表現したらよいか、分からなかった子どもが、ある日突然自分の気持ちに気づき、友達に気持ちを訴える姿がありました。

 

気持ちを伝える事がたとえ叩くという表現であったとしても、それが良い・悪いではなく、まずは表現できたことを一緒に喜ぶ、そして、それを受け止めてもらえたことで、自分の気持ちを大事にすることができるのではないか?と、そう思います。

 

どんな方法でも、自分の気持ちを表現する心地よさや受け止めてもらう安心感を今後も味わって欲しいと思います。

本日のメニュー⭐︎3/13〜おやつバイキング♫

今日のメニューは“肉じゃが”“もやしのみそ汁”でした。保育園では、量が多いので回転釜で煮物をします。火力が強いので、一気に仕上がり味が染み込んで美味しくできます!

今日は子どもたちの待ちに待ったおやつバイキングでした。何日も前からとても楽しみにしている様子で、私たちもとても緊張していました。

今日の厨房は朝から大忙しで、バイキングの準備をしていました。幼保合同で行ったので、幼稚園の給食チームとも協力して子どもたちが喜んでくれるように頑張りました!

バイキングのメニューは“イチゴのババロア”“アイスボックスクッキー(2種)”“ブラウニー”“ピザトースト”“ツナマヨサンドウィッチ”“フルーツ盛り”“パイスティックのディップ”でした。

全て手作りで、ピザトーストのパンとサンドウィッチのパンも、普段からお世話になっている、ひまわり工房さんの手作りのものでした。乳製品、卵ともに使用していないので、アレルギーのある子どもたちも嬉しそうに食べていました😊

普段、保育園では使用していないものを使って特別感もあり、子どもたちもとても喜んでくれました!

天気も心配していましたが、始めは外でできたのでよかったです。

子どもたちもとても楽しみにしていますが、私たちにとってもとても特別な行事で、一年間の集大成のようなイベントです。準備はとても大変ですが、子どもたちが嬉しそうに食べている姿を想像しながら一致団結して頑張りました。今日も実際に、子どもたちが楽しそうに食べていて、「先生ありがとう!全部美味しい!」という言葉をたくさんもらって、私たちも少しうるうるする程嬉しかったです。終わった後にも、みんなで厨房にきて、それぞれの感想をたくさん述べてくれて、どれも嬉しいものばかりでした。改めて、とても素敵な職業だなと感じました。今日は沢山のありがとうを子どもたちからもらいましたが、私たちも「ありがとう」の気持ちでいっぱいです😊✨

 

本日のメニュー⭐︎3/11

今日のメニューは“サバの味噌煮”“五目ビーフン”“ブロッコリーのゴマ和え”でした。

サバの味噌煮は人気メニューの一つで、今日は特に3歳未満児さんがよくおかわりをしていました。保育園では、サバの味噌煮に根深葱をたっぷり入れて作っています。魚の臭みも消えて、ネギの風味もして美味しくしあがります。サバにも脂がのっていて、とても美味しかったです!

今日のおやつは“じゃこトースト”でした。じゃこトーストもとても人気で、さくら組さんはほとんど全員がおかわりをしてくれました😊保育園では豆乳マヨネーズ、じゃこ、粉チーズを混ぜたものを焼いています。ご家庭で作るときは、マヨネーズを使用して簡単に作れるので、是非試してみてください!

本日のメニュー⭐︎3/10

今日のメニューは“白身魚のおろしあん”“じゃがいものそぼろ煮”“春かぶのみそ汁”でした。白身魚には下味をつけて、片栗粉をまぶしました。そうすると、あんの絡みがよく、魚のパサパサ感もあまりありません。そのため子どもたちもよく食べてくれます。

今日はお味噌汁に春かぶが入りました。とても柔らかく、甘みがあったのでお汁自体があまくなり、とても美味しかったです。

今日のおやつは“塩昆布のオイルおにぎり”でした。ごま油を熱したものをネギにかけて少し火を通しました。かけた時にジュワーっとなり、とてもいい香りがしていました。中華料理店のような匂いがただよっていました!その瞬間を動画に撮っておけばよかったなと後悔しています😂次の機会に必ず撮ってアップしたいとおもいます!

 

ゆり組 ジュース作り

ジュース作りのきっかけは保護者の方からたんかんを頂いたことからでした。

さっそく、果物図鑑で何ていう果物なのかを調べると、みかんにはこんな種類があるのか!というように果物図鑑に夢中になる子ども達。

すると「これ、ジュース作れるよね!」と1人の子が思いつきます。それを聞いて、「ガガガガー!ってするよね!」と今までの経験からミキサーを思い出したようで子ども達同士で話が広がっていました。

その日の戸外遊びでも、雨どいの上から水を流し、葉っぱや土を混ぜてジュース作りをして遊んでいました。子ども達自身が遊びを展開している姿です。

この雨どいの『上から流すと下に流れていく』という仕組みは、ピタゴラスイッチで遊びながら学んだものです。

このように経験のなかで、物事の仕組みに興味を持ち、試行錯誤するなかでその仕組みに気づき、学びとなって次の活動に繋がっていくのだと感じました。

翌日、いざ、ジュース作り!🍹

絵本館で見つけた「ぐるぐるジュース」を見ながら買うものを考えます。

ジュースの材料を話し合い、タイヨーへ買い物へ!

・お店の中では歩く

・他のお客さんもいるから小さい声で話す  と、

タイヨーに行く前に、2つ約束をしました。

このような経験は、約束事を理解しようとしたり、その必要性に気づいたりという規範意識の芽生えに繋がってきます。

お店に入ると、さっそく果物のコーナーを発見。

「りんごがある!」「バナナも!」と話し合って決めた果物を見つけていました。

買い物を終え、ジュース作りのスタート!

バナナ、みかんの皮をみんなでむき、ミキサーに入れていきます。

「絵本とミキサーが一緒だ!」と大興奮の子ども達!

ミキサーを回して、ジュースが完成しました。

カンパイ!をして飲んでみると…

「バナナの味がする!」「おいしい!」と嬉しそうな子ども達。

このように、果物を見たり、匂いを嗅いだり、触ったりといった五感を使った直接体験をすることで、子ども達の日常はより豊かになります。また、絵本も大きな素材の一つとなっており、今回の経験により、絵本の世界も実感を伴って豊かに広がったことと思います。

今後も子ども達の小さな気づきを大切にしながら、活動を深めていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

本日のメニュー⭐︎3/6

今日のメニューは“サンドウィッチバイキング”“ベイクドポテト”“オレンジジュース”でした。ハムチーズトーストと、卵サンド、ツナマヨサンド、ウインナーサンド、フルーツサンドでした。3歳以上児さんは、バイキング形式で好きに食べてもらいました。種類が多く、少し戸惑った様子でしたが、よく食べていました。卵だけの子や、ウインナーとツナマヨをのせている子など、それぞれ好みが違うようでした。珍しい形式での給食で、子どもたちも喜んでいました!✨

本日のメニュー⭐︎3/5

今日のメニューは“豚肉とたまねぎの生姜焼き”“豆の白和え”“ふのりのみそ汁”でした。豆の白和えは大豆を煮たものと、さつま芋、いんげんが入りました。大豆が入る白和はあまり保育園でも出しておらず珍しかったです。きく、もも組さんが少し苦手だった様子で、あまりおかわりがすすみませんでした。

今日のおやつは“ツナマヨおにぎり”でした。巻き寿司をした際に開けずに残っていたのりがあったので、ぜいたくにのりで巻きました。このようにして出すことがあまりないのでとてもよろこんでいました😊

本日のメニュー⭐︎3/4

今日のメニューは“さつま芋ご飯”“イワシのゆず風味焼き”“キャベツと春雨の酢の物”“白の味噌汁”でした。サツマイモはホクホクして甘くて美味しいものが届きました。3歳未満児さんは、少し苦手だったようで、おかわりがあまり進みませんでした。また、イワシの小骨が少しあって、子どもたちも苦戦している様子でした😅

今日のおやつはイチゴサンドでした。生クリームとイチゴジャムをロールパンにはさみました。ジャムサンドは良く出ていますが、生クリームまで入ったパンは滅多に出ないので、子供たちもとても喜んでいました😊