本日のメニュー☆2/20

日のメニューは“粕汁の鍋焼きうどん”“ゆかりおにぎり”でした。今回も給食では初めてのメニューでした!

味噌ベースで鶏肉と野菜がたっぷり入っていました。普段あまりないメニューで、子供たちもとても喜んで食べてくれました😊さくら組の男の子は「毎日この給食でいいよ!!」と、とても気に入ってくれました。今日はうどんを18キロ頼んでいましたが、なんと完食でした!!

今日のおやつは“かぼちゃパン”でした。かぼちゃをペースト状にして生地に混ぜこみました。水分が多めのかぼちゃだったため、生地じたいが柔らかくなってしまったので、パウンド型やシフォン型に入れて焼きました。ちぎりパンのようになり、フワフワでした✨子どもたちに人気でたくさんおかわりをしてくれました😊

大根さん、美味しいね〜《たんぽぽ組・0歳児》

「幼稚園の畑に大根やかぶがたくさん育ちました。良かったら食べてください。」という幼稚園からお知らせを受け、「大根ってどんなものかな?土の中でどんな風になっているんだろうね?」と言いながら畑へ。

冷たい風が通り向ける立地の畑。思いきり引っ張らないと土から抜けないほど大きな大根。子ども達と【おおきなかぶ】さながらに収穫しました。「すごい!」のびっくり顔と共に子ども達はすぐに「マンマ!」と大喜びでした。子どもたちのこれまでの経験の中で、葉っぱのついた、ましてや土のまみれた野菜を見ることってあったかな?と予想していたのですが、この反応を見ると私の想像以上に子ども達の経験は豊かだったようです。

 

さて、保育室に持ち帰り早速みんなでクッキングを実行!

ここ最近、よく聞かれるようになった食育。保育所保育指針にももちろん書かれていて『子どもが生活と遊びの中で、意欲を持って関わる体験を積み重ね、食べることを楽しみ食事を楽しみ合う子どもに成長することを期待するものであること』と書かれています。今回は豆乳マヨネーズをミキサーで作るところから一緒に取り組みました。日ごろからままごと遊びで様々な道具に興味を持っていた子ども達でしたので、ごっこ遊びの延長上にこの活動はありました。

大根は敢えて生で頂きました。新鮮で瑞々しく、甘い大根を味わってほしかったからです。口に含むとジュワッと大根の風味が口中に広がり、新鮮だったからこそ美味しく感じたんでしょうね。普段野菜が苦手な子どもも自分から手を伸ばしたくさん食べていました。

本物に触れる活動をねらいとし、子ども達は食べる意欲を掻き立てる活動ができました。実は現在たんぽぽ組ではブロッコリーを育てています。次の収穫が楽しみ!

 

これからも様々な形で食べることの経験を重ねていきたいと思います。

本日のメニュー☆2/18

今日のメニューは“マーボー豆腐”“3色ナムル”“鶏と生姜のスープ”でした。

鶏と生姜のスープは調理の先生の案で、今回初挑戦のメニューでした。鶏ひき肉と白菜を生姜で炒めて蒸し煮にします。その具材をだし汁に入れ、中華だし、塩で味を付けるシンプルなものでした。大量調理なので、塩だけではなかなか味が決まらず、薄口醤油を少量いれましたが、シンプルでさっぱりとしたスープになりました✨

鶏ひき肉のだし、生姜の風味、白菜のシャキシャキがマッチしてとても美味しかったです😊今朝雪が降り、とても寒い日となりましたが、生姜のパワーで身体がポカポカしました!

今日のおやつは“ごま団子”でした。ごま団子は揚げて作りますが、保育園では蒸した団子にゴマをまぶして、少量の油を塗ってオーブンで焼きました。揚げるよりヘルシーで、手間もかからないのでぜひ試してみてください!少量油を塗ることでゴマの香りも引き立ち、揚げるごま団子に近い食べ応えがあります。以前、おやつで出したときに、大量についたゴマに戸惑っている子もいて少し食べにくそうでしたが、今回はゴマを上からまぶしただけだったので子どもたちも喜んで食べていました😊

本日のメニュー ☆2/17

今日のメニューは“ぶりの照り焼き”“レンコンの味噌マヨサラダ”“かきたまとろろ汁”でした。

今日のぶりは、いつもに増して脂がのっておりパサパサ感も全くなかったので、子どもたちも食べやすかったようです。れんこんのサラダには豆乳マヨネーズと、白味噌を混ぜ、すりごまを入れて和えました。味噌とゴマを入れることで味にコクがでて、美味しくできました✨また、れんこんの食感も楽しかったようで、3歳未満児さんもよく食べていました。

【もも組】ジュース屋さんが始まりました!

2月に入ってから、子ども達がお絵かきをしている時によくジュースを描くようになりました。1人の子から始まったのですが、ジュースという存在が身近な為、どんどんその輪が広がってクラス全体でジュースを描いていました。この時点では、まだ子ども達の中の自由遊びだったので、保育士は見守っているだけです。すると、ジュースを描いていた子ども達が次は自動販売機に興味を持ち、絵に描くようになりました。ジュースと自動販売機を作れば、あとは何があればいいかなと子ども達なりに考え「お金も作ろう!」と考えついたようです。ジュースを切り取り、自動販売機の絵の前に並べてお金のやり取りをしてジュースを買っていました。子ども達だけで、ここまで展開することができたので、少しサポートをしてもっと活動を広げたいと思いました。

まずは、話し合い。「みんながジュース作りをしているのを見てすごくおもしろいなあって思ったから、必要なものがあったら教えてくれない?」と伝えました。すると、「ちゃんとしたお金がほしい!」「お金を入れるお財布も必要!」と意見がでてきました。なので、最初はお金作りからしました。本物のお金を見て触れて、実際の大きさや色形をじっくりみる機会を与えました。それからお金作り!今までは想像で作っていたので、大きさも値段もバラバラ。しかしお金を実際に見たおかげで細かいところの再現に力を入れていました。その中で、丸をペンで書いてから切る方法、5円玉のように丸の真ん中に丸の穴を開ける方法などを学んでいました。

お金作りが終わったら、再び話し合い。ジュース屋さんをする為には何が必要?ともう一度聞くと、「レジ!」という声が聞こえてきました。きっと保護者の方々の買い物に行った光景を覚えているのでしょうね。私たちも「あ〜、確かに!」となりました。そして、レジ作りをしました。友達と意見を共有し、協力して作る事ができるようにとレジ作りは3〜4人の小グループで行いました。小グループの方が、自分の意見を言いやすく、意見もまとまりやすいからです。久しぶりに廃材を使って製作をしたのですが、テープの使い方やノリの使い方が以前よりぐんと上手くなっていました。また、友達と意見を共有することも、以前は難しかったのですが相手の意見を尊重して、“自分が自分が!” が少なくなっているように感じました。アイデアも豊富でとてもおもしろかったです。

ここまできたら、一度実践して足りないものを考える事にしました。ジュースは自由遊びのなかで作っていた平面のジュースです。一度実感した後に振り返りをしました。

私たちは「ジュースが足りないからもっと作りたい」という意見がでると予想していました。しかし、子ども達は「おつりがなかったねえ」「買い物袋がなくて困ったなあ」という意見を出していました。毎回、子ども達の発言を予想するのですが、今回はなかなかの予想外の意見で驚きました。それから、何度実践をしても「おつりが〜…」「ジュースを飲む場所が〜…」とジュース作りを深めるような意見がでてきませんでした。もも組に進級してから絵の具や立体製作の経験をしてきました。保育士の目線からは、その経験を生かしてジュース作りもしてほしいと思っています。なので、少し保育士が意見を出してジュース作りを深めるような活動も行ないました。透明のプラコップを用意して、様子を見ました。すると「花紙を使ってジュース作りたい!」という意見がでてきました。そこから、値段をプラコップに書いたり、蓋やストローを作ったり工夫する姿がたくさん見られるようになりました。次はペットボトルを用意して、子どもたちが経験したことを引き出したいなと思っています。もし、ご家庭にペットボトルがあればもも組まで持ってきてくださると嬉しいです^_^!

今、ジュース屋さんはここまで進んでいます。これからどのように活動を広げていくか、子どもたちと試行錯誤しながら進めていきたいと思います。

本日のメニュー☆2/15

今日のメニューは“照り焼きチキンバーガー”“ベイクドポテト”“りんごジュース”でした。

3歳以上児は自分たレタスと手作りタルタルソース、照り焼きチキンをのせてハンバーガーを作りました!

もも組さんはとくに、ジュース屋さんごっこがブームで、とても楽しかったのではないかと思います😊

うめ組さんやたんぽぽ組みさんは、少し食べにくかったようでしたが、もりもり食べていました!

本日のメニュー☆2/14

今日のメニューは“北欧ランチ”“マッシュポテト”“豆豆スープ”“ひまわりパン”でした。

今日は北欧ランチ風のメニューで、ミートボールをメインにワンプレートの給食でした。北欧とは、ヨーロッパの北部一帯を指し、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマークなどを指します。

ソースは、バターや生クリーム、粒マスタード、ケチャップ、豆乳、粉チーズ、コンソメを使用した手作りのソースで、本来ならば粒マスタード多めですが子どもたちが食べやすいように少なめで作りました。

ワンプレートランチにジャムも一緒に添えました。現地では、お肉にジャムを付けて食べるのが定番らしいのですが、私たちはあまり食べ慣れていないので、パンに付けて食べることをおすすめしました!

どの料理が混ざっても美味しく食べられるワンプレートでした✨子どもたちも見慣れないものでしたが、ミートボールとマッシュポテトは大人気で、よくおかわりをしていました。

ひまわり工房さんのソフトフランスパンも中がフワフワで食べやすく、子どもたちにも人気でした!ソースとの相性もよく、パンとソースだけでもお代りをたくさんしていた様子でした😌

今日のおやつは“手作りアップルパイ”でした。アップルパイはりんごを煮たものを包むのが定番ですが、今回はいちょう切りしたりんごと溶かしバター、シナモン、きび糖、レーズンを混ぜたものをつつみました。

パイシートでクルクル包んで、切り分けて焼きました。中のりんごも柔らかくなり、シナモンの香りもほんのりしてとても美味しくできました😊

子どもたちもたくさんおかわりをしていました!

 

本日のメニュー☆2/13

今日のメニューは“豆腐とひき肉のおかか揚げ”“キャベツのゴマ和え”“なめこのみそ汁”でした。

今日は豆腐とひき肉のおかか揚げに初挑戦の日でした!

蒸した野菜、醤油で軽く味付けをして煮た鶏ひき肉としいたけ、すりおろした山芋と潰した豆腐を混ぜ込んで、パン粉などの替りに鰹節をまぶして揚げました。

全て先に火を通しているので、長い時間揚げず、強火でサッとあげることで外側がサクサクに揚がりました。そこに出汁をしっかりとった手作りの大根おろし入り麺つゆをかけることで、うまみが倍増してとても美味しくできました😊

初めてのメニューだったので、こどもたちも少し戸惑っていたようです😂

3歳未満児さんでは「おっきなたこ焼きおかわりください!」や、コロッケと言う子もいました!

千切りにした人参やいんげんもたくさん入っていましたが、よく食べていました!給食室もチャレンジメニューということで食べてくれるかドキドキしましたが、思いのほか好評でとっても嬉しかったです😊✨

本日のメニュー☆2/12

今日のメニューは“鮭のクリーム煮”“キノコのペペロンチーノ”“白いんげんのホワイトミネストローネ”でした。

鮭のクリーム煮にはカリフラワーや、ネギなどたくさんの野菜が入っていましたが、子どもたちも気にせず食べていました。鮭はいつも人気で、ホワイトソースと一緒にすることで、シチューのようになり、野菜が入っていてもよく食べていました!

今日のおやつは“唐芋まんじゅう”でした。“かごしまのおかず”にも掲載されている鹿児島の郷土料理のひとつです。さつまいもを蒸して潰し、白玉粉を混ぜて形成して蒸します。柔らかいので子どもたちでも食べやすいです。今日はきび糖ではなく、黒砂糖を入れて作りました。黒砂糖の甘さがさつまいもとマッチし、また塩も少量加えることでその甘さも引き立ちます。

 

きく、ももぐみ 野菜の苗を買いに行こう!

エイトラン前に新しく畑が出来たので、何を植えようかとお店に見に行きました。

時期が早かったのか苗は見当たらなかったので、種ジャガイモと種を1つ買ってかえる事にしました。

すぐ植えられる“サラダそら豆”と3月に植えられる“さやえんどう”どちらにしようか子どもたちに聞いてみると「はやく植えられるほうがいい!」ということでサラダそら豆に決定。

植え方や育て方を調べたり、看板を作ったり、子どもたちと話しながらしていきたいと思います。

 

 

1 / 4712345...102030...最後 »