錦が丘のオタマジャクシ


年が明け、今年も保育園がスタートしました!
みんなが休んでいる間にビオトープのカエルの卵が孵化し、オタマジャクシがたくさん生まれていました。


「これは何?」「ぶどうみたい」と池の中を興味津々に覗く子どもたち。「捕まえたらかわいそうだよ」とお兄ちゃんたちが言っているのを聞き、じーっと水の中を静かに見つめていました(*^^*)
生き物を大切にする事を経験を通して学んでいるのだなと感じられる場面でした。
オタマジャクシなどの生き物の本や写真をクラスに掲示し、子どもたちの興味をもっと引き出していけたらと思います♪