本日のメニュー☆11/16

今日のメニューは“天身大根”“大根の皮のきんぴら”“豆乳汁”でした。

天身大根とは、ブリ大根と同じようなメニューで、ブリの代わりにかんぱちの天身を使用しています。天身はかんぱちの目の上あたりの身で、脂がのっています。食材はすべて乱切りにして、ごぼうは蒸し煮をしました。より柔らかくなり、土臭さもきえます。天身は熱湯をかけてアクと臭みを取り、こんにゃくは乾煎りをして臭みを取ります。下処理をしっかりすることで、食材それぞれの味を活かし、よりおいしく仕上げることができます。その為、保育園では下処理にも時間をかけています。

大根の皮のきんぴらは天身大根に使用した、大根の皮を厚めにむいて千切りにします。大根の葉もきれいな部分は使用します。また、スープのだしを取るために使用した昆布を千切りにして入れます。だしも出て、食感のアクセントにもなります。すりごまを入れると風味も変わり、大根の葉の青臭さも抑えられるのでお勧めです!しっかりめに味付けをして、しみこませることで、よいご飯のお供になります。子ども達にも人気でした✨家庭では捨ててしまいがちな大根の皮ですが、時間のある時に作り置きしておくと、よいおかずになりそうです(^^♪