本日のメニュー☆11/10

今日のメニューは“千草焼き”“ブロッコリーと桜エビのさっぱり和え”“なめこの赤だし”でした。

『千草』とは、様々な食材が入った料理に使われます。給食の千草焼きには、豆腐をつぶしたもの、たまねぎ、にんじん、さやえんどう、ハムを千切りにしたものに溶き卵を入れて焼いたものです。切った断面に、色とりどりの野菜が見え、見た目もとてもきれいでした。和風の味付けで、溶き卵と野菜、豆腐それぞれに味をつけることで、ぼやけた味にならずしっかりと味がつきます。豆腐が入ることで、よりふわふわし食感になり、三歳未満児さんも食べやすそうでした。

ブロッコリーは蒸して、色止めをし、桜えび、刻みのりと和えます。ごま油を少し入れることで香りが広がり、磯の味とよく合います。今日はブロッコリーも完食でした✨

今日のおやつは“アイスボックスクッキー”でした。

保育園でとっても人気なおやつの一つです。私自身、思い入れのあるおやつです。昨年度行われた「フェスティバル」で休憩スペースで提供していたものです。もう私は一生分のクッキーを焼いた!というほどたくさんのクッキーを焼き、当日食べてくれるかドキドキしていたのを覚えています。そわそわしながら、何度も様子を見に行ったり、補充をしたりと当日も緊張していました。ですが、思っていたより何倍ものペースでみるみるクッキーはなくなり、とてもうれしく達成感がありました。食べていた保護者の皆様も「これ先生が作ったんですか?」「とてもおいしいです!子ども達がうらやましい!」と声を掛けていただいて、本当に嬉しかったです。飽きるほど焼いたクッキーは見事になくなり、うれしい気持ちと感謝の気持ちでいっぱいでした。自分が作ったものを、誰かが喜んで食べてくれることの嬉しさを改めて強く感じた出来事でした。☺

今日もクッキーを焼いていると、バターの香りがしてきたのか、給食を食べ終えた子ども達が何人も給食室にきて「今日のおやつ何なの?良いにおいがする!」と期待の眼差しでした!本当に楽しみにしてくれていて、完食でした✨

保育園で給食を作っていると、調理は大変な反面、こどもたちの表情も間近で見られるので素敵な職場だなと改めて感じました。