たんぽぽ組のフェスティバル

 

今年のフェスティバルでたんぽぽ組は「展示」を行う事にしました。

展示の内容には

①これまで行ってきた活動と、特にこの乳児期に促すことを心掛けている手づかみ食べ、足裏の発達に関して専門的な目線でまとめたポートフォリオ

②一人一人のピックアップコーナー

③子どもたちの育ちをまとめた映像上映

④おすすめ絵本の紹介、作品展示

を予定しています。

 

なぜこのような展示をしようと思ったのか、それは0歳児の子どもたちの「表現」は普段の生活や遊びの中で見られるありのままの姿だと思い、そんな子どもたちの何気ない表現を展示を通して見て頂きたいと考えたからです。

 

特に②ピックアップコーナーでは、たんぽぽ組の子どもたち一人一人が持っている性格や個性、世界観などをお見せできたらいいなと思いを込めた展示にしました。

子ども達は家庭から離れて初めて経験した集団生活で、初めて出会う友達や大人と生活を共にすることで興味や関心、世界観が大きく広がっていきました。園生活を通し様々な経験をしていく中で、夢中になれる遊びや興味を持つ物も一人一人違います。そんな子ども達が持つ感性を大事にしたいと思い、一人一人を姿をピックアップしました。

 

 

ある子どもが園庭で拾って大事に持っていた植物や、夢中になり全身絵の具だらけになった衣類など、見ていると自然と心が温かくなる様な作品ばかりです。写真とともに、作品の背景にある子どもたちの姿を想像しながらご覧ください。

 

他にも、ポートフォリオや映像上映、絵本紹介など様々なコーナーがあるので、当日を楽しみにご来園下さい。

文責:小川