うめ組〜お絵描き〜

 

先日雨の日にうめ組では、室内遊びでお絵描きをしました。

 

戸外遊びをしていると木の枝を使って地面に絵を描いていることがありました。

 

 

箱に入っている6色のクレヨンの中から好きな色をとり、紙いっぱいに描くことを楽しんでいました。色がつくことに驚いたり色の名前を言ったり色への興味が出てきているうめ組の子どもたち。

 

お絵描きには、主に3つのメリットがあります。

 

1、認知力や知識の発達を促せる

2、指先を動かす訓練になる

3、色彩感覚を養える

 

この3つになります。他にも気持ちの発散などにも繋がります。

 

このようにクレヨンを触り感触を確かめたり、紙の上に数本クレヨンを置いたり、視覚・触覚を使って新たな発見をすることも。

 

 

室内での遊びを少人数に分けることで落ち着いた雰囲気の中で活動をすることができます。また、気持ちの発散や集中力にも繋がっていきます。

 

1つのテーブルを23人で使うことによってトラブルを防ぐことができ、のびのびとお絵描きを楽しむ子ども達でした。

 

中には、完成した絵を他の先生に見せにいく子も見られほっこりとする場面もありました。

 

戸外遊びでの姿を室内遊びの活動に繋げることができました。また、新たな子どもの姿を発見して連続性のある活動を行なっていけたらと思います。      文責:神野

【参考資料】ベネッセ 教育情報サイト