手を繋いでお散歩 ~ゆり組~

今日のゆり組さんはお部屋チームとお外チームに分かれて遊びました!お部屋チームは積み木や粘土をお外チームは三輪車に乗ったり、砂場でままごとをしたりしました。

普段通り遊んでいるとある子から「ブランコに乗りたい」と声があがりました。保育園にはブランコがないので近くの公園まで行ってみようと最初は2,3人の中で話をしていたのですが少し離れたところに友達を見つけ、「ブランコ乗りに行くんだって!」「一緒に行こうよ!」と友達に教えに行ってくれました。さっそくお外チーム8人は近くの公園へ。

普段はお散歩リングを使って散歩することが多いのですが今日は人数も少なかったので、お友達と手を繋いで歩いてみようと手を繋いで散歩に出かけました。お散歩リングではなく友達と手を繋ぐことで友達に合わせて歩くことの大切さ、ルールを守って行動する社会性、自然や生き物の存在に気づき触れ合うことで子ども達の関心も高まることに繋がります。

公園に着くとブランコやすべり台に大興奮の子ども達。たくさん遊び満足すると、「そろそろ帰ろっか」と子ども達の方から声を掛けてきたので保育園に帰ることに。保育園に帰るとお部屋チームの友達に「僕達公園に行ってきたんだ」「明日みんなでまた行こう!」と自分たちの話をしていました。

たくさんの体験からあらゆることをたくさん吸収する時期の子ども達。今後も子ども達の声やアイデアを大切にしながら様々な体験を一緒にしていきたいと思います。