主任だより 

今日は、2019年最後の開所日でした。お正月だよねー次はねずみどしなんだよねーと、子ども達も楽しみな様子。

午後は園内研修「新年度に向けて」を行いました。お迎え等のご協力頂きまして、ありがとうございました。

来年もより良い保育を行いたい、と真剣に話し合う時間を設けることができました。

また、今月は入職3年目の職員の自己研鑽として「錦ケ丘保育園について、錦ヶ丘保育園を知らない方へ向けて説明する」というテーマのもと発表も行いました。

通常業務を終えてから、自宅や職員室で初めてのパワポや難しいテーマに悩まされつつ、しっかりと仕上げることができました。

 

 

振り返ってみると、今年は、保育料の無償化という国全体の変化や、保育園でのコドモン導入、フェスティバル等の行事の変化など、様々なものが動いた年だったと主任としては感じています。

色々と悩んだり迷ったり考えに考えたりする一年でしたが、思い返せば真っ先に浮かぶのは子ども達の笑顔です。

職員室で仕事をしている時、入口に集まってきて子ども同士盛り上がりながら、ガラス越しに職員室の中を観察している子ども達に思わず笑ってしまう事が何度もありました。

職員室の窓からは、園庭がよく見渡せ、声もよく聞こえてくるのでイチョウの山に歓声を上げて飛び込んでいく子どもに気付いて、一緒に微笑んでしまいつつ動画を撮ることもありました。

(写真は、職員がイチョウを集めて通路に敷いているところです。)

 

廊下を歩いていると、さくら組の子ども達に「まりな~先生?それとも、まりなさん?」「まーりな?」と何て呼ぼうかな?と考えながら話しかけられることも度々…。

私と関わっている時の子ども達の姿だけではなく、各クラスのブログやポートフォリオ、職員からの話や、クラスで過ごしている時の様子なども鮮明に思い出されます。

主任として見る毎日の子ども達は、夢中になって遊んで、真剣に考えて、満足して笑って、時に涙も流して…とてもイキイキとした姿でした。生きる力に満ち溢れた子ども達のそばに居ることができて、本当に私自身も考える力や豊かな心を育てられているように思います。

各クラスの職員達も、子ども達のために真剣に考えて、話し合って、心強い存在でした。

そして何より、様々な変化を温かく受け止めてくださった保護者の皆様に、改めて感謝の気持ちをお伝えしたいです。

本年は、大変お世話になりました。子ども達の育ちを一緒にサポートさせて頂き、嬉しく楽しい一年でした。

来年も、ご協力をお願いすることが多々あると思いますが、何卒よろしくお願い致します。 櫻田