ゆりぐみ~童具~

 

先日ゆり組全員でリズム室に行き、童具をしました。

ねらい

・自由に表現する事を楽しむ。

・写真からイメージを膨らまし、様々な形で自分なりの表現を楽しむ。

お部屋では直方体を使って遊ぶ事が多いのですが今回は立方体・三角・半円など様々な形を用意。扉越しにリズム室の中を覗き、「なにかある!」「つみきだよあれ」と目をキラキラ輝かせていた子ども達。それぞれ自分の好きな場所に行き早速作り始めていました!

立方体のコーナーでは綺麗に積み上げたり、直線に並べたりする姿がありました。

半円のコーナーでは2つを合わせ丸を作ってタワーにしたり並べて顔を作ったりしていました。

三角のコーナーでは交互に重ね、山脈づくりをしている姿も。「2つくっつけたら違う形だ!」と形の変化に気付き、楽しんでいる子もいました。

最初はそれぞれのコーナーで遊んでいましたが「一緒にお家つくろうよ」「僕は新幹線のお家作るから走る所作ってね」「ぼくもいれて!」など友達と協力し、色々な形を使いながら一つの作品作りに。

今までは1人で作る事が多かった子ども達ですが少しずつ周りの子にも意識が行き、一緒にができるようになってきたからこその姿だと思います。少し手が当たって壊れてしまっても「壊れちゃったね」「また作ればいいよ!」とお互い言い合い、さらに大きなものを作っていました。しばらくして「これは何つくったの?」と聞くとできた!という達成感からかとっても嬉しそうに「これはお家だよ」「新幹線」と教えてくれました。

広い空間でじっくりと集中して遊ぶこと1時間。大きな家や恐竜など様々な作品が完成し、大満足の子ども達。環境を整える事でここまで遊びが広がるのだと気付かされました。今後も子ども達のやってみたい気持ちを尊重しながら遊びを提供していきたいと思います。