避難訓練がありました(きく組)

昨日は吉野分遣隊の消防士の方の立ち会いのもと、地震の避難訓練がありました。車やヒーローに興味を持っている子が多いきく組。消防士の方が園に入って来られると目を輝かせてついて行き、じっ〜と観察したり、積極的に話しかけたりしていました。

いざ、避難訓練が始まると保育士の話を聞いて全員が無事に園庭に避難することが出来ました!消防士の方が地震(火災)の際に避難する時の合い言葉”おかしもち”(押さない、かけない、静かにする、戻らない、近づかない)について質問されると手を挙げて「押さない」「喋らない」と答えていました。

消防車見せて頂き、「これは何をするもの?」「水はどこに入っているの?」と興味津々の子ども達でした。消防車を見た後には、園庭で消防車ごっこが始まったり、積み木でも消防車づくり・消防車の駐車場づくりをしたりしていました。今、積み木での活動が好きで日々行なっているので、消防車づくりがより深まっていくのではないかと思います。