もも組 水族館に行きました🐟

先日、水族館へ園外保育に行ってきました。

もも組では、7月ごろから絵の具を使った遊びなどを継続して行ってきました。お部屋の中には様々な用法で描いた紙が飾ってあります。

その過程の中で、魚類市場に園外保育に行った子がクラスに「こんなお魚もいたよ〜」と図鑑など見て教えあっていました^_^  すると、話を聞いた子達が折り紙で魚を作り、遊び始めました。折り紙を使う制限を設けず、好きに作っていいよと伝えると、そらぞれ個性的な魚を作り始めます。そして、「壁に飾りたい!!」と子ども同士の中で話し合い、決めていました。最初は壁にそのまま貼っていたのですが、1人の子が「水族館にしようよ!」と提案します。

保育士がその声を聞いて大きな紙を用意し環境を整えると、紙に色を塗り始め、次々と魚を貼り始めました。

部屋に飾ってある絵の具の紙にも貼ろう!と考えお部屋の中に魚がたくさん溢れてきました🐟

その部屋の様子を見た子どもが「もも組を水族館にして、他のクラスのお友達も呼べたらいいなあ〜、、、」とポツリ。

「じゃあ水族館に実際に行ってみようか〜!」の流れで水族館に園外保育に行くことになりました!!

 

園外保育当日。ワクワクしながら水族館に到着!入ってすぐの黒潮大水槽を見た瞬間、様々な魚に釘付けのみんな^_^

ジンベイザメを見て「どうやってここまできたのかなあ?」「エイの顔おもしろいねえ〜」「魚達はどんなエサを食べてるの?」など疑問がたくさん出てきているようでした。その後も次々まわり、チンアナゴやノコギリザメ、ピラルクーやウミヘビなど間近で見ることができました♩

途中、水槽の横にある魚の説明を見つけてひらがなが読める子達が「あの魚は〇〇って名前だよ!」と言っている姿もありました👀

イルカのショーも見れて大満足で園に帰ってきてからは、写真を使って振り返りをしました。

字を書くのが得意な子は一番楽しかった事をポートフォリオとして印刷し、下の空白に文字や絵で感想を書きました。

図鑑を見て魚を探すのが得意な子は、部屋に置いてある図鑑をみて「これがいたね!」と振り返っていました。

様々な活動が繋がって叶った園外保育。子ども達の声を聞き逃さず、継続して保育を行えたなと思いました。今回の園外保育の目的は“もも組に水族館を作る”でしたが、魚への興味もたくさんあるのでそれを形にこれからも活動を続けていきたいと思います(^ ^)