きく組 絵の具で描こう

今回使った絵の具は、「緑」一色!

これまで様々な色の混ざり、変化を楽しんでいた子どもたちでしたが、

今回はあえて一色でお絵描きをしてみました。

 

様々な大きさの紙・太さの筆を準備し

子どもたちが自分で選びます。

 

「さあ、どうぞ」

 

自由に描き始めると、細い筆を使って細かい表現をする子、太い筆を使って紙一面ダイナミックに塗る子、線を描く子など表現の形は様々です。一枚描き終わると「また描きたい」「次は小さい紙にする」と次々に紙を手に取る子どもたち。1枚をじっくり描いたり、5、6枚描いたり、、、各々存分に描き満足することが出来ていました。

 

太い筆で点を描くのを楽しんだあと、さらに上から塗りつぶす姿があり、

白い画用紙を次々に塗り替え、楽しむ。まさに「遊びは結果ではなく過程が大切」という言葉と繋がった場面でした。

 

また、筆に水を多く含ませ絵の具をつけると「さっきより色が薄いね」と水の量によって絵の具の色の濃淡が変化したことに気付く姿も見られ、ものの性質に気付き、感じ取り、あえて絵の具一色だけを使うことで表現することに集中できる活動となったようです。