やっと…元気になりました🤗

8月初旬からたんぽぽ組で流行性角結膜炎が流行しましたが、今週からみんな元気になり、やっと全員出席の日がありました。

人数が少ない日は寂しさを感じ、子ども達の健康こそ何よりの幸せだな…と、思うことでした。保護者の皆さんも、仕事休みの段取り、預け先など大変だったことと思います。

 

元気な子ども達は、久しぶりの戸外遊びをしました。

雨上がりだったので、裸足の足裏に違和感を感じる子もいましたが、徐々に思い出し歩き回り、遊んでいました。

子ども達が日々、足裏に蓄積していた感覚はしっかり身体が覚えているものですね。

 

久しぶりにたんぽぽ組が園庭に出ると、うめ組の子ども達がすぐに近づいてきてくれ、ほっぺを触ったりよしよしと優しく触ってくれました。

まだまだ自分達もお兄さん・お姉さんから可愛がってもらっているのに、うめ組さんなりに自分達より小さい子を可愛がりたい気持ちが芽生えているのですね。

久しぶりの戸外遊びは成長も見られました。

以前は、滑り台にチャレンジする姿は見られませんでしたが、今回は滑り台に登って滑ったり、裸足で歩くのが苦手だった子も友達を追ってあちこち歩き回るようになりました。これからの遊びの成長が楽しみです。

給食時間に泣いた子が、友達と向き合って食べることでニコニコになり食べている姿が印象的な場面でした。

一緒に食べる人がいるのは、美味しさも嬉しさも倍増ですね😋