夏ならではの遊び 〜ゆり組〜

暑い日が続いていますが朝の会の時に「何して遊ぶ?」と声を掛けると「お外で遊びたい!!」とすぐに答えるくらいお外遊びが大好きなゆり組の子どもたち⭐️

夏場の外遊びは熱中症になる可能性も高いので塩昆布や梅干しで塩分補給をしたり、水分補給をこまめに行ったりする等の対策をして子どもたちが元気いっぱい楽しく遊べるようにしています!

夏の遊びといえば〝 水遊び ″

砂場にホースを持っていき木にかけるとシャワーに変身!

その様子を見て「シャワーだ!」と集まってきた子どもたち。

最初はじーっと見ているだけでしたが手を伸ばし「冷たい!」「でも気持ちがいいね」と自分たちで確かめてお互い言葉にして伝えあっていました。

それから〝 氷遊び ″もしました!

ボウルに氷を入れて廊下に置いておくと「なになに?」と興味津々。

  • 「これは何?」「氷っていうんだよ!」「冷たいね」「お水がいっぱいになってる?」「氷小さくなった!」「なんで?」と子どもたち同士で会話を交わしながら氷の感触や形の変化を楽しむ姿が見られました!氷を触っていたある子から「これでカキ氷がつくれるんじゃない?」と一言。今は結膜炎等の感染症も流行っているので感染症が落ち着いた頃にカキ氷作りができたらと現在計画中です!