土曜日の子どもたち👦🏻👧🏻

蝉の声が聞こえる中、今日も元気いっぱいで遊ぶ子どもたち。最近、暑さから早めに室内に入ることが多かったですが、今日は少し心地良い風がふいていたので、普段より長めに園庭で過ごすことが出来ました。最初は砂遊びや泥団子作り、登り棒を楽しんでいた子どもたちでしたが、さくら組の子どもたちがしていた水遊び、小麦粉遊びに興味を持ち、一緒に遊び始めました。最後には洋服が濡れて、お顔が真っ白になるほど思いっきり楽しんでいました!小麦粉は触れるとサラサラしますが、水を加えるとドロッとしたり、粘土のように形を作ることが出来たり、白い液体になったり、感覚が変わっていきます。その変化、感覚刺激が子どもたちにとって学び、成長に繋がっていくと思います。これからも子どもたちと様々なものに触れ、経験していきたいと思います。