園外保育 ゆり組さん

先日、ゆり組・きく組で園外保育に行ってきました。

ゆり組になってから毎週のように“ゆりきく交流”を行なっていたこともあり、関わりが深まっている姿が多く見られてきました。

そこで、乗り物が好きな子が多く、運転手になりきって遊びを楽しむ様子から幼稚園バスを借りて吉野周辺を見て回ることに!!

自分たちが乗るバスを見るなり、「バスだ!!」と興味津々の子ども達。すれ違うバスやトラックをキラキラした目で見ていましたよ。

交番や消防局が近づくにつれ、立ち上がる姿も…。立つと危ないと気づいた子は、「立たないで!」「危ないよ!」と言い合う姿もあり、自分で考え、規範意識や言葉で伝える力がついてきたようで嬉しく感じました。

普段車から見ている景色とは少し違い、大きい窓から見える景色は新鮮だったようで外の景色に釘付けになる子ども達。

何気なく見ている景色から色々な発見もあり、園に帰ってきてからも「〇〇あったよ!」という会話も聞こえてきました。

園ではあまり見ることのない新しい反応もあり、子ども達らしい姿を大切にしながら日々の保育に繋げられたらと思っています。

3歳以上児になると園のバスだけではなく、公共交通機関を使って園外保育に行くこともあります。子ども達は遊びを通してルールを守ることの大切さ、規範意識が身についていきます。普段何気なく乗っている公共交通機関で見る子ども達らしい姿が見られるかもしれません。その際はまた教えてくださいね。

ご家庭と一緒に子ども達の成長を見守り、新しい発見があったら嬉しいです😊