草木染めをしました♫

 

保護者の方から頂いたびわに興味を持ち、びわクッキングがブームとなっているさくら組!有難い事に、びわの葉っぱも頂いたのでみんなで「草木染め」をすることにしました♫

今まで花びらをすり潰して色水遊びを楽しんでいた子ども達にとって、葉っぱも色水に変わる事を知って驚愕の様子!

まずみんなでどんな色になるのか、どんな方法で行うのか、何が必要なのかを話し合いました。

興味津々に話を聞く子ども達。言葉だけでなく視覚的にも伝わりやすいように絵も加えて話をしました。

そして、葉っぱを煮て液体を作るチームと、染める布に模様を付けるチームに分かれていざ実践!!

火を使用するので、子供の数が集中して火傷をしないようにグループを分けました♫また、グループ活動を通して一人一人が生き生きと発言することができ、またその発言を保育士が拾いやすく よく目が行き届き、一人一人に密な関わりが出来るため、普段の保育でも多く取り入れています。

 

 

黙々と真剣に取り組む子ども達…。

「結ぶだけでどんな模様になるのかな〜」「なんで葉っぱは緑色なのにオレンジ色になるの!?」などなど、子ども達から なんで?どうして?と疑問が浮かんできます。物事に好奇心を持って意欲的に取り組み、またその性質やしくみに興味を持って探求しようとする姿は、就学してから必要な学習する力の土台になると考えています。子ども達はそんな学びを意識せずに体験しているんですよね。

 

 

布と染める液が完成し、いざ実践!!

子ども達からは「ぜんぜん染まらないじゃーん」の声…。

「まあまあ、お昼寝終わったらの楽しみにしておこう♫」ということで4時間ほど経ってから見てみると!

 

きれいなオレンジ色に!!!

子ども達も全クラスに自慢に行く程喜んでいました♫

これからこの染めた布をどうやって活用して行くかまた話し合って決めたいと思います!