うめ組の成長

土曜日は運動会へのご参加ありがとうございました!初めての運動会を経験した子どもたち。場所や雰囲気が普段と違う中で不安で泣いたり、お父様やお母様たちと一緒に安心して参加したりとそれぞれの姿が見られました。開会式やかけっこ、お遊戯と一人ひとりの笑顔や頑張りが見られ、嬉しく思うことでした。

入園、進級してから1ヶ月半が経ちましたが、母子分離で涙が減ったり、手づかみやスプーンで自分でご飯を食べようとしたり、自分の思いを言葉や態度・仕草、様々な方法で表出したりと多くの成長が見られます。
集団生活の中で、たくさんの刺激を受けながら、少しずつ学んで覚えて習得していくのだな〜と子どもたちの姿を見て改めて感じました。

さて、運動会を終えて1週間が始まりました。生憎の雨続きと思っていた今日は午前中、お外に出て遊ぶことが出来ました!

園庭で水遊びをしていた以上児クラスの子どもたちのおかげで園庭に自然と小さなせせらぎが出来ていました。それを発見したうめ組さん。目を輝かせながら足をつけ〜手をつけ〜と楽しそうに水遊びが始まりました♩
水面を叩いて水しぶきを上げてニコニコと保育士や友達と笑い合ったり、泥団子を落として楽しんだりと水や砂に触れた感触遊びを楽しみました!

午後からは再び雨の為、夕方は室内遊び。
プールの中に裂いた新聞紙を入れ、新聞紙プールの出来上がり!子どもたちは大喜びで両手を挙げて新聞を頭上から浴びたり、体が隠れる程、新聞紙に埋まったりと大盛り上がりでした^ ^

 

水や砂、紙など様々な素材に手指で触れてたくさんの感触を味わう中で、指先を使った遊びにも、今後誘っていきたいと思います。

最後の写真はホッコリした1枚です。
母親を思い出し、涙した子どもと気分転換に園庭を散歩していると、、、もも組のテラスの天井にツバメの巣が!「あれなんだろうね〜」と問いかけてみると、「あれなんだ?」と返事。
じーっと見ていると、巣から顔を覗かせたツバメ!はっ!とした顔で保育士を見つめた後はニコーっと笑み。2人で暫く見ていると、うめ組の子が1人やってきました。
ナイスタイミングでツバメが巣から飛んだり、また帰ってきたり。泣いていた子も涙はすっかり止まり、後から来た子と2人でツバメの観察が始まりました!

「○☆%#☆ね〜」と2人で何やら会話をしながら、時折顔を見合わせて笑い合う姿が微笑ましく、心が温まることでした^_^