35ふぁーむへLet’s go ~視察に行ってきました~

35ふぁーむの視察に行ってきました!

いつも綺麗で美味しい有機野菜を届けてくださる”35ふぁーむ”の視察に行ってきました。

 

視察に行くにあたり、

● 美味しい野菜ができるまでにどのようなことをされているのか実際に目で見て知ることで、より安心安全な給食を提供することができるのではないか。

● 生産者の思いを知ることで、子どもたちにより食の大切さを伝えることができるのではないか。

この2点を考え、今回の視察を計画しました。

 

 

35ファームを営んでいる迫さんご夫婦は、以前よりお世話になっている橋口農園のお弟子さんです。

最近、独立され、35ふぁーむを設立されました。

畑はあえて草取りをせず、納品できない野菜をそのまま肥料として用いる等、独自の有機栽培をされているのが特徴です。

そんな栄養たっぷりの畑には、現在、人参・かぶ・ほうれん草が収穫時期で畑一面に育っていました。(後ろに写っているのは迫さんの息子さんです♪)

 

伝統野菜の吉野にんじんも栽培されていました。今では滅多に見ることができないそうです。

35ふぁーむの一角には吉野にんじんの栽培がされており、実際に植わっている吉野にんじんを引き抜いて見せてくださりました。なかなかできない貴重な経験をさせていただきました。

 

その他には、収穫前のにんにくと玉ねぎが育てられていました。にんにくはなんと、7種類!(島ニンニク、くまもんニンニク等)

どちらもよく給食で使用するので、収穫時期が来たらお願いしようと思います☺

 

 

今回視察に行き、お話を詳しく聞いたり畑を実際に見たりすることで、改めて35ふぁーむの野菜の素晴らしさを体験することができました。

日頃から調理をするたびに感じていた、野菜の新鮮さ、切った時の瑞々しさや蒸した時の香り、食べた時の甘み。それらの35ふぁーむの野菜の魅力は、迫さんご夫妻の有機野菜に対する思いがあるからこそだと、ご夫妻とお話をして思いました。

給食で野菜を軽く熱を通して提供した時、子ども達がよく食べてくれるのは、野菜のうまみと共に、迫さんご夫妻の思いがギュッと詰まっているからこそなのだと感じました。

 

他にも、35ふぁーむの野菜を使用するのには、

〇安全な給食を提供する

〇子ども達に栄養価の高い給食を食べてもらう

〇厳しい自然の中で、野菜自身の力で育った強くて栄養価の高い野菜で子ども達の身体を作る という目的もあります。

 

35ふぁーむの息子さんが錦ヶ丘保育園卒園児で、ご夫婦は錦ヶ丘の理念をよくご存じでいらっしゃいます。

錦ヶ丘が有機野菜や無農薬野菜にこだわるのは、”髪の毛1本食事から”という理念からいうことは、皆様もご存じの通りだと思います。

私たちと共通の思いをお持ちの迫さんご夫妻が作る野菜には、さらに安心と信頼があるのです。

 

35ふぁーむのこれから

そんな思い溢れる35ふぁーむさんの今後は… 宮之浦にハウス栽培を計画中なのだそうです。

完成したら子ども達を呼んで、野菜収穫体験をさせたいという夢をお持ちとのこと。その際は子ども達に畑から来る野菜への関心を高めてもらうために、見学・体験をお願いしようと思います!

これからも試行錯誤しながら様々な挑戦をされている35ふぁーむを応援するとともに、心のこもった美味しい野菜を取り入れていこうと思います♪

文責:猿楽