錦ヶ丘の食について~合同園内研修・映画上映会

合同園内研修

7/23(土)に保育園・こども園・まふぃんと3園の職員で合同研修を行いました。

錦ヶ丘の三本柱でもある「給食」についての研修でした。栄養士からの一方的な研修にならないよう、保育士の実体験や感じたことなどを話してもらいながら、研修を進めていきました。献立を立てている際に気を付けていること、なぜ多くの業者から納品をしているのか、なぜ珍しい食材を多く使用するのか、など事前に職員に聞いていた質問等も踏まえながら、改めてもう一度錦ヶ丘の食について説明をしました。ただ調理方法や調味料にこだわっているわけではなく、それには理由があります。SDGsの取り組みや身体にいいものを提供したいという点から妥協せずにゼロからみえる食材選びをしています。

今回の研修は、錦ヶ丘の食について説明をした後、グループディスカッションを取り入れました。園として、食にどのように取り組んでいくか、子どもたちへ対応をどう揃えていくか確認を行いました。お互いを参考にしあい、よりよい給食の時間に出来るよう話し合いをしました。今後もこのように職員同士でのグループディスカッションを取り入れた研修をしていき、園全体で、食について・給食の時間についてなど意見をだしあい、取り組んでまいります。

 

映画上映会

7/27(水)に保護者の方々に向けた映画上映会の準備のため「給食からの革命」という映画を視聴しました。有機野菜の重要さやこれからの地球のために取り組まなければならないことなど、考えさせられる場面が多くありました。有機野菜を食べることは、体にもいいことですし、地球にもいいことです。有機野菜をより多く使用するために、旬の野菜を多く取り入れたり、食材を最大限に生かした調理を行うべきだと、まだまだ私たちも勉強が必要だなと感じました。

他にも何点か映画を視聴し、その中から保護者の方々に向けた映画上映会の映画を決定する予定です。映画上映会の評細が決まりましたら、改めてご連絡いたします。

文責:大西