きく組(3歳児)〜フェスティバルの見どころ〜

いよいよあと数日となりましたフェスティバルについて、紹介いたします。

今回きく組(3歳児)では、色の世界をテーマに展示を行います。

4月より新しいクラスに慣れながらも、色の混ざりや色々な素材を使っての絵の具遊びを中心に活動を行なってきました。

初めは、絵の具が手につくことが苦手な子もいれば、平気な子もいて、反応は様々でした。そこで、楽しくダイナミックに遊ぶことで、苦手意識を少しでも無くすことができたらと思いボディペインティングなどを行いました。このボディペインティングも、水遊びで体が濡れることに慣れた段階で行いました。

徐々に回数を重ねていくことで楽しい!絵具がついても平気なんだ!という気持ちに変わり無我夢中になって取り組んでいました。

”苦手だと思っていたけれど、できるようになった!”という経験は、チャレンジする、落ち込むことがあっても自分で立て直す、などの心の成長に繋がっていくと思います。また、様々な素材を使ったことで、それぞれの違いを体感することが出来ました。

遊びの中で出来上がった作品は、展示予定ですのでぜひご覧ください。

 

展示の内容は、

・はじき絵

・ボディペインティング

・シャボン玉アート

・ビンアート

・のりやボンドを使って作ったシール

・ハサミ活動での虹

などを予定しています。

また、園での子どもたちの様子をまとめた動画も流します。その他に普段から見立て遊びをメインに遊んでいる、ブロックの一部展示も行います。

当日は、きく組の展示をお子様と一緒にお楽しみください。 文責:神野