10月わらべうた

今月のわらべうたはお手玉とジョーゼット、さくら組は絵描き歌を取り入れました!お手玉は、ナガヤタワーに入居している皆様がチクチク手縫いして、保育園用に作って下さいました。子ども達にとっても、感触が気持ちよくお気に入りです。作って下さった皆様、ありがとうございました。

そのお手玉を更にあそびの中に取り入れたいと思い、お隣の認定こども園錦ヶ丘の活動も参考に、わらべうたで親しみを持って遊べるように計画しました。

どのクラスもお手玉に興味津々で、楽しく活動ができました。年齢が上がるごとに少しずつ難易度も上げて、どの子も楽しく活動できたのではないかなと思います。

ジョーゼットはたんぽぽ・うめ組(0・1歳児)では親しみがありますが、3歳以上児クラスになると部屋に常備していない分親しみが薄くなってしまいます。そちらもわらべうたを通して楽しく遊べたらなと思っていました。きく・もも組(3・4歳児)は自分の洋服を畳むことが出来るので、畳む遊びを取り入れました。日常の動きを取り入れた遊びも、わらべうたのゆったりとしたリズムに合わせるのは難しさがあり、とても楽しそうでした。

さくら組は初めての絵描き歌でした。とても難しく、苦戦する姿もありましたが『できなくても大丈夫、失敗した!と思っても大丈夫。何回でもできるから、もう一回してみよう』と声をかけることで全員が意欲的に取り組むことができていたように思います。短い時間だったので、またお部屋でも遊んで欲しいなと思います。

今回はいつもと少し内容が違うわらべうたでしたが、全員が楽しく活動できていたと思います。また次回のわらべうたの活動に活かしていきます♪

 

動画はこちら(パスワードは保護者アプリにて配信しております)

文責:春成