全体リトミック〜9月〜

9月17日(金)にリズム室にて、リトミックを行いました。

その様子と成長を写真と共にお伝えします。

 

【たんぽぽ組(0歳児)うめ組(1歳児)ゆり組(2歳児)】

まずは、リトミックの流れや動きを知ることを目的としています。たんぽぽ組は、ピアノの音を聞きながら左右に揺れたり保育者と手を繋いで歩いたりしています。

うめ組・ゆり組は、クラスで毎日行っていることもありバランス感覚が養われリトミックの流れもだいぶ把握していました。体の使い方も安定しています。

3クラスが合同で行うことでお互いいい刺激をもらい、学べる場になるのではないかと思います。

【きく組(3歳児)もも組(4歳児)さくら組(5歳児)】

プラホーミング(カラフルな積み木のような物)を置く事で子どもの動きが交差し、それによって「ぶつからないようにする」という意識の芽生えを促します。回数を積み重ねていくことで、子どもたち自身で理解しリトミックを楽しんでいました。ピアノの音を耳で聞き分け、身体の動きに強弱をつけることがとても上手になっていました。

 

また今回は初めてスキップというものに挑戦しました。実際にやってみると、音に合わせて動くということに加えて、初めて行うスキップは少し難しかったようです。スキップができるようになるには、ケンケンパができなければ難しいそうです。様々な体の動きを楽しく知っていけるよう、日々行なっているリトミックをより活用していきたいと思います。

初めての経験で子どもたちはできた?”“ちょっとだけ難しいな〜と苦戦していましたが、保育士が手本となったり一対一で関わったりするうちに出来てくると、満足気な表情を見せてくれました。

月に1回の全体リトミックの日を大切に様々な動きや音を取り入れていきますので、引き続き各クラスのポートフォリオやブログをご覧ください。  文責:神野