お手玉を頂きました・合同避難訓練

つい先日受けた研修で、お手玉が見立て遊びにいいと知りました。お手玉、上手く作れるかな…もっと上手に作れる人、いないかな…と悩んでいたところ、ナガヤタワーにお住いの皆さんに、お手玉を作って頂けることになりました。あっという間に出来上がった可愛いお手玉は、早速子ども達のもとへ…。

実際に取り入れてみると、ハンバーグにもトマトにも、子どものイメージ次第で変身していました。

お隣の認定こども園では、お手玉をわらべうたにも取り入れたそうです。教えて頂き、保育園でも取り入れていきたいと思います!

 

合同避難訓練

10月11日(月)10時より、認定こども園と合同の避難訓練を行いました。

実際に被災した際、こども園と協力して避難することを想定しての実施となりました。

10時、地震が発生。子ども達も慣れたもので、ベルの音を聴くと動きを止めて放送をしっかり聞いていました。

園庭の中央へ集まって各クラス人数確認。保育室やトイレに取り残された子どもがいないか、最終確認も手早く行います。

いつもならば、ここで訓練は終了。しかし今回は、今年度初めての合同訓練です。

 

「給食室の火が消えません!」

給食室の栄養士からの報告に、職員が「火が消えてません!」「こども園の園庭に避難します!」と呼びかけあうと、子ども達は「いつもと違うぞ…」と少し不安げ。

職員の誘導に従って、「お・か・し・も」(おさない・かけない・しゃべらない・もどらない)を守って二次避難。

こども園の園庭で、こども園の子ども達と合流した矢先、今度は余震が!

こども園の給食室からも火の手が迫る、ということで、こども園の駐車場へ最終避難を行いました。

初めての動きに、子ども達は驚いたようですが、スムーズに避難することができました。

地震や大規模な火災の際は、今回の訓練のような経路で避難し、駐車場で救助やお迎えを待つこともあると思います。駐車場の隣にある、同法人まふぃん錦ヶ丘の職員と協力する事も考え、2月にはまふぃん・こども園・保育園合同の訓練も計画しています。

来年度は仮園舎で過ごすため、避難経路も変わります。仮園舎が整い次第、確認をする予定です。

 

いつ発生するか分からない災害。「まさか、おきないだろう!」と楽観せず、今後も様々な想定の避難訓練を行っていきたいと思います。

ご家庭でもぜひ、地震が起きた時にどこに隠れるか、外で被災した時はどこに逃げるか…と、お子様と確認なさってくださいね。

文責:櫻田