4月のうめ組

今年度より入職しました、松添です。よろしくお願い致します。

 4月は子どもたちにとって新しいクラス、新しい保育園という新しい環境で戸惑う様子や不安で泣いてしまう姿が見られました。そうした中で、たんぽぽ組から進級した子どもたちが新しく入園したお友だちを気にかける様子があります。

玩具を渡したり、頭を撫でたり顔を覗き込んだりして微笑みかけていました。きっと、日々の異年齢交流を通して、お兄ちゃんお姉ちゃんから自分も同じ様にしてもらって安心出来たり嬉しかったりしたことだったのかなと思います。

 たった一ヵ月の間にも日々成長し、話せる言葉が増えていく子どもたちに驚きと感動を覚える毎日です。子どもの気持ちを受け止めて自分で出来ることの喜びや自己肯定感が育まれるよう、保育士一年目の私も一緒に成長していけたらと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月も4週目になり新しく入園した子ども達も保育園の環境に慣れたようで、遊びや自然物に興味を示す姿も徐々に見られています。

最初は子どもにとって見知らぬ大人という存在に不安を感じていたように思います。ですが、日々そばで見守り、話しかけたり抱っこやおんぶをしたりして一緒に過ごす内に安心できる大人という存在に変わりつつあると感じています。

 時折大人を探す様子もありますが、近くにいることで安心して自分の遊びを楽しむことが出来てきています。

今は寂しくなり泣いてしまったり、大人と目が合うと笑顔を見せたりしてくれる子どもたちが、これからどんな姿を見せて、お話をしてくれるのかとても楽しみです。 松添