うめ組の1日

進級した子ども達は、今までと違う環境に戸惑うことなく、自分のことは自分でしたりと1つお姉ちゃんお兄ちゃんになっていく姿があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しくうめ組に仲間入りした子ども達は、初めてのことに戸惑いながらも、給食をおかわりしてよく食べています、不安な気持ちから涙していると友達から頭を撫でてもらいながら少しずつ友達との距離も近づいてきて保育園生活に慣れてきている様子があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回のブログではうめ組の1日の様子をお伝えしたいとおもいます。


登園後

8時まで様々な年齢の子どもたちと異年齢児交流もかねてうめ組で過ごします。大きいお兄ちゃんお姉ちゃんに戸惑うこともありますが、玩具をもらったり抱っこしてもらったりとお世話をしてくれる中、安心して過ごしています。


朝の会とおやつタイム
うめ組のみんなの顔が見れるように丸く囲んで座り、歌を歌ったりお名前を呼んで出席をとります。歌は手遊びも兼ねることで大人の動きを見様見真似で動かしたり、声に出して歌ったりと歌が大好きな気持ちが伝わってきます。お名前を呼ぶと「はーい!」と大きな返事をしてくれ、お友達の名前が呼ばれていると友達の方を見るなど”自分以外”を意識している子ども達。

 

 

 

 

 

 

 

 

活動

花を見つけたり、さくらんぼを見つけて食べてみたり、ビオトープの水の冷たさを感じたりと春の季節を感じながら園庭探索をしています。また、三輪車に乗ったり、ボールを蹴る・投げる、舞台で踊るなど園庭で伸び伸び体を動かしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給食
お腹が空くとうめ組に自然と足を運ばせてくるうめ組さん。自分の気持ちを行動で示すことができます。給食時もおかわりをよくしてモリモリ食べています。隣の友達とお話しをしながら笑い合って、楽しい給食時間を過ごしています。

 

 

 

 

 

 

 

 


午睡
着替え終えると、枕を待って布団の敷いている場所まで向かいます。園での生活が身についているのだなと感じる瞬間でした。

 

おやつタイム
起きると外の太陽を浴びながらおやつを食べます。おかわり!と伝えてくれる子ども、ちょーだい!と手を合わせて教えてくれる子ども、意思表示が上手なうめ組さんです。

 

 

 

 

 

 

 


自由活動
リトミックやサーキット、積み木やブロック遊びなど部屋で過ごしたり、ベビーカーに乗ってこども園に散歩に行きます。体を動かすことが好きなため、リトミックでは音楽に合わせてジャンプしたりスピードを合わせて歩いたり走ったりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 一日の流れを理解して、次はなにをする!ということを大人の言葉掛けと共になんとなく理解している子ども達。お腹が空いたら自分で靴を脱いで教えに来てくれたり、嫌なことがあったら教えてくれたりと、意思表示をしてくれます。
 
これからも、子ども達の表情や声、動作から気持ちを汲み取り、暖かく関わる中で、子ども達の心と体の成長を支えていけたらと思います。 関