きく組クッキング

先月、小麦粉遊びをしたところ
「これ、小麦粉でしょ?食べてみてもいい?」
と言ってきたので少しならいいよと答え、口にしていた子どもたち。味の感想は「うえ〜おいしくない」「味がないねえ」など思っていたものとは違うようでした。その後は、「クッキーができました〜」など見立て遊びをしていました。その様子から、粉物でも調理をしたらいつも食べている食べ物になるということを知ってもらおうと、粉物クッキングを計画しました。

みんなでタイヨーに行き、どんな粉物が売っているか確認したあと、何を作りたいか話し合いました。その結果、団子とパンケーキとクッキーと意見がまとまったので数回に分けて行うことにしました。

そして先日、第一回粉物クッキングとして団子を作りました。上に何をのせるか話し合ったところ、あんことみたらしで決まったので実際にタイヨーに買いに行き、それから作りました。団子を丸める作業をみんなでしてもらったのですが、丸めるのはお手の物!という感じで手際よく丸めていました。そして、お湯に入れ少し待ってから出来上がり!みんな自分で作った団子を目の前にワクワクしていました😁

そして、クッキングだったのでエプロンと三角巾を持ってきてねと子どもたちにお願いしていました。あえて保護者には伝えず、自分たちでお母さんお父さんに伝えられるかな…と小さな挑戦でした。すると、自分たちで考えたクッキングでよほど楽しみだったのか、自分たちでしっかり伝えられて次々に持ってきてくれました😊
あと、2回クッキングをする予定です。いろいろなことを学んで体験できればいいなと思います。